沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

おすすめ離島、竹富島へ行きませんか??

南ぬ島の正しい読み方ご存じでしょうか?正解は「ぱいぬしま」です。ぱいぬ島の愛称で呼ばれているのがここ竹富島で、ぱいぬ島には「南の島」という意味があるそうです。そんな、ぱいぬ島竹富島へ行きませんか?今回は竹富島のおすすめスポットを紹介させて頂きます!!

竹富島

竹富島は石垣島から高速船で約10分で到着します。石垣空港からだと約30分くらいで「石垣港離島ターミナル」に到着。石垣島本島のホテルに滞在する方はその宿泊するホテルから、ターミナルまで送迎バスのサービスもあるのでチェックして下さい。竹富島へ到着するとレンタサイクルの貸し出しがありますので、自転車に乗れる方は自転車で散策は気持ちがいいですよ。小さな島なので、徒歩でもぐるっと島を周ることもできるので自転車乗れない方も安心して下さいね。

高速船料金: 大人1,150円 小人590円(往復)

コンドイビーチ

沖縄でもトップレベルの美しさを誇るコンドイビーチは遠浅の海が広範囲に広がっており、波は穏やかで小さなお子様連れでも楽しめるビーチとなっています。時間とタイミングが合えば綺麗な砂浜が現れ、海の中を歩いて渡ることが可能になります。

その穏やかな波と青空と海が繋がっているような眺めに「晴れた日の眺めは天国のよう」や「いつまでもここにいたい」という声がたくさん聞かれます。このコンドイビーチを目的に竹富島に行くという人も多いようです。

ですが、少し注意が必要で日陰がないので有料のパラソルを借りるか、小さなテントを持参するのがおススメです。

国立公園にも指定されているカイジ浜は別名「星砂の浜」と呼ばれています。白い砂の中をよく探してみると星の形をした星砂を見つける事ができます。ここで注意、カイジ浜は国立公園で、砂など公園内の物を持ち帰る事は禁止されているので注意が必要です。そしてカイジ浜は潮の流れが早い為、遊泳禁止となっているので気を付けて下さいね。お土産に星砂が欲しい方は近くにある売店を覗いてみて下さい。

水牛

竹富島の集落内を歩いているとどこからともなく三線の音色が聞こえてくると思います。それは水牛車に乗ったガイドさんの演奏で、ここ竹富島では水牛が引っ張る車で集落内を回ることができるのです。

沖縄で、ほかにも水牛車に乗れるところはありますが竹富島の集落を回る水牛車は少し違います。乗り合わせるガイドさんが集落内を案内しながら三線の演奏を披露してくれる事、そしてゆっくりのんびり水牛車に揺られている時間が凄く贅沢でここ竹富島でしか体感できない経験となることでしょう。

昔は桟橋として使われていた場所ですが、現在はその形だけが残りサンセットの名所として有名になりました。この場所のサンセットの美しさや素晴らしさ、そして感動を味わうことができるのは竹富島に足を運んだ方だけでしょう。

夕日の時間が近付けば自然と人が集まり、そこに居るみんなでサンセットを静かに眺めるだけ。ここでのサンセットを体験してしまえば、もうこれ以上のサンセットはなかなか見られないと思います。ぜひ1度は見るべき景色ですね!

沖縄民謡のひとつ安里屋ユンタ発祥の家がここ竹富島にあるのをご存知でしたか?きっと曲を聞いたらピンとくると思います。この民謡の内容は、絶世の美女クマヤの事がどれほど好きだったか、何故そんな美しいのに生涯独身だったのか?を問う素敵な恋の歌なのです。

美女クマヤの末裔の方が現在も住まわれていますが敷地内へ入ることは出来ませんので、外からの見学になります。発祥の家を見た後の安里屋ユンタはいつもと違うように聞こえるかもしれませんね。


今回はおすすめ離島のひとつ竹富島の魅力について紹介させて頂きました。行かれた事のある方はまた行きたくなっていますよね?まだ行かれたことの無い方は、竹富島を楽しんでないなんてもったいないですよ!1度行くとハマると思います。