沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

車で日帰りで行ける沖縄のオススメ離島

今回は日帰りで行ける沖縄のオススメ離島を紹介したいと思います。紹介する離島は沖縄本島と橋が架かっているので車で行けるので気軽に行けます!それに、離島の魅力のひとつでもある豊な自然やのんびりゆったりした雰囲気の良さはそのまま残っています。紹介する離島全て車で行けるので、車内で流すBGMを決めて運転免許所の確認したらレッツゴー!!

古宇利大橋

沖縄の北部今帰仁村の離島になります。「古宇利島(こうりじま)」にたどり着くには屋我地大橋で屋我地島を通り過ぎ古宇利大橋を渡って古宇利島に着きます。離島から離島へ行ける場所も珍しく、車で行ける離島の中では1番自然を感じられる離島だと思います。

古宇利大橋を渡っている車内から海の眺めも絶景ですが。海がかなり綺麗で沖縄でもトップレベルの透明度でシュノーケリングや海水浴をするのにオススメです。沖縄版「アダムとイブ」のような言い伝えがありカップルが訪れる島としても有名です。なんといっても夜の古宇利島は満点の星空が綺麗に見えるので、流れ星は数えきれない程見られると思います。この恋の島でプロポーズして成功した声もよく聞きます。ハートの形に見える岩「ハートロック」も見逃さないで下さい。

古宇利島にあるハートロック 奥武島

沖縄の南部南城市玉城の離島になります。「奥武島(おうじま)」には、おうばしという短い橋を渡ってたどり着く事ができます。沖縄には漢字も全く同じ奥武島と呼ばれる島が4つもあるのご存じでしたか?少し面白いですがあまりにもややこしいですね(笑)本島の名護市、久米島、慶良間諸島、そしてこの南城市の奥武島になります。

この奥武島には美味しい沖縄てんぷら屋さんがあるので有名です。3つの天ぷら屋さんを紹介します。

大城てんぷら店
この大城てんぷら店は「おうばし」を渡り、右ぐるっと行くとあります。値段は1個60円~。
中本鮮魚てんぷら店
この中本鮮魚てんぷら店は「おうばし」を渡ると、すぐ目の前にあります。値段は1個65円~。
テルちゃん いまいゆ市場
このテルちゃん いまいゆ市場は「おうばし」を渡ると、左に行くとすぐあります。値段は1個60円~。

私個人的には中本鮮魚てんぷら店が好きですが、アナタはどこのてんぷらが好きかべ比べしてみるのも良いと思います。ぼーっと海を眺めながら、あちこーこーのてんぷらは最高です!それに、奥武島には猫もいっぱいいるので猫好きにはたまらないですよ。

瀬長島

沖縄の南部豊見城市の離島になります。「瀬長島(せながじま)」には海上道路で行く事ができます。瀬長島と聞くより最近では「ウミカジテラス」と聞いた方がピンとくるかもしれません。小さな瀬長島に温泉が自慢のホテルや、オシャレなカフェなど40店舗以上の商業施設がある沖縄の新しい観光スポットとして人気があります。40店舗以上のショップの中から私オススメを紹介します。

※店名の横の→(6)この番号はお店の番号なので、行きたいお店の番号を控えてると迷いません。

BEARS'COFFEE OKINAWA(6)

1983年にハワイにオープンしてから30年以上地元の人に愛された自慢のコーヒー、ワッフルが美味しいお店です。高級豆を使ったコーヒーは私のお気に入りです。

親父のまぐろ(14)

沖縄近海マグロで作った「親父のまぐろ丼」や「アヒポキライス」が美味しいです。親父の畑で取れた沖縄の新鮮野菜が激安で販売されている時もあったりと楽しいお店です。観光客のリピーターが1番多いのはこの親父のまぐろだと思います。

Sui Savon 首里石鹸(42)

天然素材にこだわり一点一点職人さんの手作り石鹸のお店で、カラーバリエーション豊富で香りもそれぞれ違うのでどれを購入するかいつも時間がかかってしまいます。肌の弱い方や小さなお子様でも安心して使えるので人気があります。店内は石鹸のいい匂いがするので、私自身ウミカジテラスに行く時は絶対に行くお店のひとつです。

今回は沖縄のオススメ離島、車で行く編いかかがでしたか?まだ行った事の無い離島から、行ったことあるけど初めて知った事など少しでもアナタのお役に立てば嬉しいです。長い間の運転には気を付けて、その離島に行く道中も楽しんで下さい。