沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

石垣・やいま村で石垣島のここにしかない自然と沖縄文化を体感しよう!

石垣やいま村をご存知ですか?村内にはラムサール条約登録域があり、石垣島で名勝と言われる「名蔵湾」を一望できる丘にあります。石垣島に来たらぜひ行きたい、楽しい体験が待っているやいま村のご紹介です。

やいま村は日本最南端に位置するテーマパークです。古き良き八重山の家並み、八重山の昔ながらの文化や生活風景を再現した体験できる野外博物館です。有形文化財に登録された築100年にもなる古民家から三線の音色がどこからともなく聞こえてきます。漁師や農民の家や生活も再現してあり、タイムトリップしたような気分を味わえます。

リスザル

村内には水牛の池でのんびり寛ぐ水牛の姿が見られたり、国指定天然記念物のカンムリワシの保護ケージがあります。また“リスザルの森”では中南米原産のボリビアリスザルを自然に近い状態で飼育しています。

年中暖かい亜熱帯の八重山の気候は、ボリビアリスザルにとって過ごしやすい環境です。小さなリスザルは人懐っこく、餌をあげるとすぐに近寄ってきます。200円で買える餌を手にすればあっという間にリスザルの人気者になってしまいます。動物好きな方に好評です。好奇心旺盛なので帽子などの小物は持っていかれてしまうこともありますので持ち物はしっかり管理してくださいね。

楽しい体験メニューも充実しています。八重山の昔遊びが体験できる「家あしび」では毎日3回の三線と太鼓の生演奏ショーが開催しています。

独特なリズムと陽気な掛け声で聞くだけで元気になれます。“シーサー色付け体験”は素焼きのシーサーに好きな色を塗ることができます。速乾の塗料を使うのでその日に持ち帰ることができます。“島ぞうりアート体験”では色のついた草履を彫刻刀で削ることで文字や絵を描きます。履いてもいいですし、インテリアにもなります。

美しい色彩が目を引く王族女性の礼服・紅型の着物を着て写真撮影ができる琉球衣装体験もあります。簡単に着られるようになっているので所要時間はたったの5分、体験料は500円です。みんな大好きな沖縄のお菓子“サーターアンダギー作り体験”は特産の黒糖を使って作るアツアツを食べることができますし、日持ちするのでお土産にもできます。魔よけの塩を入れた貝に好きな絵を描いて、オリジナルキーホルダーやストラップを作る“マースお守り”を手作りする体験も楽しいですよ。

やいま村とその他観光名所を巡るツーア 観光タクシー 川平湾グラスボート・鍾乳洞・やいま村4時間コース 観光タクシーで石垣島ぐるっと1周全制覇 川平湾グラスボート・やいま村・玉取崎展望台と平久保崎・鍾乳洞・バンナ岳7時間コース 名蔵アンパル

自然を体験したい方には2005年にラムサール条約に登録された名蔵アンパルへやいま村からカヌーで行くことができる「マングローブ散策体験」がおすすめです。

ガイドの案内で希少な動植物を観察することができます。リュウキュウ松林、亜熱帯の森の植生を観察しながら進むと、国指定天然記念物のセマルハコガメなどの希少生物と出逢えてしまうことも。

マングローブでは、木々の植生を観察しながらベニシオマネキ、オキナワハクセンシオマネキ、トントンミーなどの小動物のかわいい姿をウッドデッキの上から観察することができ、沖縄の自然と触れ合うことができます。

村内を散策したら石垣島の食材を使った沖縄料理を味わえる「あんぱる食堂」へ。八重山そば、石垣島ではここだけでしか食べられない“軟骨ソーキカレー”、“石垣風ぜんざい”など豊富なメニューがあります。サンセットバーベキューも開催されているので朝から夜まで楽しめる施設です。島の特産品がそろうお土産店もあります。

また、やいま村では約100年前から八重山諸島で実際に行われていた古式結婚式「アイナーヨイ」のリゾートウェディングをすることができます。

一日いても時間が足りなくなりそうな石垣・やいま村。石垣島に来た時はぜひ寄ってみてください。ここでしかできない体験があなたを待っています。

  • 住所:沖縄県石垣市名蔵967‐1
  • TEL:0980-828-798
  • 営業時間:9:00〜17:30まで(受付17:00まで)
  • 定休日:年中無休
  • 料金:大人(中学生以上)1000円、子供(3歳以上小学生以下)500円