沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

行けば必ずリピーターになる!ファンが必ず行く竹富島のお気に入りの場所

竹富島は周囲9キロという小さな島です。石垣島から高速船で10分ほどで行けるとあって日帰り観光なども可能であることも理由のひとつ。行けば誰でもリピーターになる竹富島のファンのお気に入りスポットをご紹介します。

沖縄全体でも屈指の美しさを誇るコンドイビーチは遠浅の海が広範囲に広がっており、波は穏やかです。時間によっては砂浜が現れ、海の中を歩いて渡ることが可能です。

コンドイビーチ

その穏やかな波と青空と海が繋がっているような眺めに「晴れた日の眺めは天国のよう」「いつまでもここにいたい」という声がたくさん聞かれます。コンドイビーチを目的に竹富島に行くという人も多いです。日陰がないので有料のパラソルを借りるか、小さなテントを持参するのがおススメです。シャワー、トイレはあります。自販機はありませんが移動販売の車が常駐しています。

竹富島

珊瑚を積み上げて作ったやわらかな曲線を描く石垣と赤い屋根瓦の素朴な家々、その上で見守るシーサーが沖縄の原風景を作り出しています。この眺めを見ているだけでまるでタイプトリップしたような気分になれるという人もいます。車一台が通れるくらいの幅の道は珊瑚が敷き詰められた白い砂の道です。年に二回珊瑚を敷き詰める慣わしがあるのだそう。この道を急ぐのは似合いません。ゆっくりゆっくり歩きながらゆったりした時の流れを味わって散歩するだけで静かに心を満たされていきます。

水牛車

竹富島の集落内を歩いているとどこからともなく三線の音色が聞こえてきます。それは多分水牛車に乗ったガイドさんの演奏です。竹富島では赤いハイビスカスの花を角に刺した水牛が引っ張る車で集落内を回ることができます。

ほかにも水牛車に乗れるところはありますが竹富島の集落を回る水牛車はまた格別です。真夏は水牛も汗びっしょりになりながら車を引っ張ってくれています。ここでは水牛も竹富島の大切な働き手なのです。乗り合わせるガイドさんが集落内を案内しながら三線の演奏を披露してくれることも。水牛車に揺られていると「そんなに急がなくていいんだ」と体内時計を竹富島の時間にしてくれます。

なごみの塔

竹富島にある小さな展望台です。人工的に作られた丘の上に立っており、かつては竹富島を一望することが出来ました。登るためには非常に急な階段を登らねばならず注意が必要でしたが、老朽化などの問題により今は登ることは出来なくなってしまいました。

しかし展望台にしてはかわいらしいサイズである様子や、その佇まい、下からの眺めているだけでも何か風情を感じられます。丘の上に上るだけでも竹富島の赤瓦屋根の風景を眺めることが出来ます。集落の中心にあるので目印として使う人もいるそうです。

夏の沖縄に来たらカキ氷は欠かせません。沖縄の至る所にカキ氷の名店はありますがそのひとつが竹富島の「パーラーぱいぬ島」です。木陰のある開放的なオープンテラスで食べるカキ氷はとにかく巨大。粉雪のようなフワフワでサラサラした食感が病みつきになるおいしさなのだそうですよ。「竹富島に来たらここのカキ氷はマスト!」という声も聞かれます。

西桟橋

かつては桟橋として使われていた場所ですが今は形だけ残り、夕日の名所として有名になりました。この場所での夕日を見られるのは竹富島に泊まった人だけの特権です。夕日の時間が近づくとたくさんの人が集まりますが、夕日が沈んだ後は晴れていれば満天の星空が広がりますのでもう少し滞在することをおススメします。。日中も青い海の中に伸びる桟橋を歩くのは海の中を海中散歩しているような気分になれると評判です。

行けばリピータにならずに入られない竹富島。まだいったことのない人は是非一度竹富島に行ってみてくださいね。

竹富島体験アクティビティ一覧