沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄のアマゾン!ネオパークオキナワで遊ぼう!

沖縄

名護市にある「ネオパークオキナワ」は沖縄特有の熱帯の気候を生かし、なんとアマゾンを作ってしまった面白い場所です。園内ではたくさんの動物が放し飼いで飼育されています。動物好きの方やファミリーには絶対に行ってほしいおすすめの場所です!

沖縄県名護市は本島北部に位置します。近くには美ら海水族館や水納島、少し先には慶佐次湾のヒルギ林などがあり、1日遊ぶにはもってこいの場所に位置しています。

  • 住所:沖縄県名護市名護4601-41
  • 電話番号:0980-52-6348
  • 開園時間:9:00~17:30(最終入場17:00まで)
  • 定休日:年中無休

那覇空港からネオパークオキナワまでは車で1時間30分ほど、高速道路を使わずに国道58号線を通って行くことも出来るのでドライブしながら行くにはちょうどいい時間です。

料金
ここをタップして表示Close
大人中高生4歳~小学生
一般660円330円220円
身障者割引半額半額半額
団体割引600円300円200円

※団体割引は15名様から適用になります。入園料のみで園内でかかるお金は割引適用にはなりません。

ネオパークオキナワには様々な動物たちが生活しています。主に鳥類や水辺の生き物が多いようです。ネオパークの施設内を少しご紹介したいと思います。

フラミンゴの湖

最近ではハイブランドのデザインなどにも使われており、より一層人気が高まっているフラミンゴ。南の島=フラミンゴのイメージが定着したのもファッション業界で数多く使われるようになってからです。

フラミンゴ

フラミンゴの湖はアフリカ大陸のケニアをイメージして作られており、フラミンゴ以外にもアフリカ地域に生息する植物や動物が自然さながら放し飼いにされています。

直接エサやりをすることも出来るので、ぜひ間近でフラミンゴを観察してみてね!(エサは1個200円で販売)

鳥

アマゾンのジャングル

ここがネオパークオキナワの代名詞とも言えるアマゾンのジャングルブース!

南アメリカの熱帯雨林を再現し、お昼だけど真っ暗な森の中やカラフルな鳥たちなどかなりリアルに再現しています。

またアマゾン川の水中を見られるようにとトンネルを作ってしまい、そのトンネルの中から見るアマゾン川の水中には見たこともないような巨大魚が・・・。

鳥

こちらのブースでもフラミンゴの湖同様エサやりをすることが出来るので、迫力満点のアマゾンを身近に感じてみてください!写真でしか見たことのない動物も近くで見るとまた違ったイメージが湧くかも?

鳥

オセアニアの乾燥林

個人的に1番おすすめのブースはオセアニアの乾燥林!なんといっても可愛いワラビーがいます!

ネオパークオキナワのワラビーはとにかく人懐っこくてスリスリと物怖じせずに近寄ってきます。カンガルーよりも一回りくらい小さいその身体とつぶらな瞳は、もうエサをやらずにはいられない!

ワラビー

そして真ん丸キュートなうりぼーもいる!

大きくなると畑や作物を荒らし時々ニュースにもなる猪ですが、子供の頃はコロコロとした見た目とプリプリの身体が本当に可愛らしいです。普段の生活の中でうりぼーとこんなに触れ合えることは滅多にないので、ぜひ身体の毛を触ってみてね!硬くてびっくりするかも!

うりぼー

ふれあい広場

ふれあい広場には子供1人くらいなら余裕で乗れちゃうアルダブラゾウガメやわんちゃんがいます。自由に写真撮影を行ったり、ここでもエサやりをすることが出来ます。

ふれあい広場で販売しているエサは他の場所とは別のものなので、必ず専用のエサを購入してください。青色の袋に入っているものはあげちゃダメです!

犬
  • オープン:9:30~17:00
  • 入場料:4歳以上一律300円

ネオパークオキナワの魅力は動物たちに留まりません。週末になると釣り堀が解放され、釣りを楽しむことが出来ます。

波風のある海や川ではないので、小さなお子様でも安心して釣りを楽しむことが出来ます。またエサ付の釣り竿がふれあい広場の入場料とセットで500円になるので、セットにした方がお得です。

毎週土日の12:00~17:00まで解放されています!

鳥類も爬虫類も魚類も哺乳類も・・・色々な動物と触れ合うことが出来るネオパークオキナワ。近くには海洋博公園もあるので、動物好きの方にはもってこいの場所です。普段は遠くから見るだけの動物もネオパークオキナワなら近くで観察することが出来るので、みなさんもぜひ近くで見て新しい発見をしてください。