沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

最高の設備とロケーション「美らSUNビーチ」

那覇空港から車で20分、再開発が進み静かな住宅街に便利なお店が増えてきた豊見城市。そんな豊見城市にある美らSUNビーチは人口のビーチですが、設備も整い写真映えするロケーションがたくさんあります。

那覇市のやや下あたりに豊見城市はあります。最近開発が進んでいるオシャレスポット「瀬長島」を通り過ぎ、パワースポットの久高島との間くらいにあります。

アウトレットモールあしびなーや美味しいうにソースの魚介が食べられる糸満市場、沖縄で1番美味しいと有名なキングタコスなど那覇空港に近いながら1日遊ぶことの出来る場所です。

またその利便性から移住者が那覇市に次いで引っ越しを考える場所であり、個人的には那覇市よりもおすすめです。

砂浜

美らSUNビーチは透明度はやや劣りますが、人口のビーチならではの特権もあります。

それはビーチ沿いがキレイに舗装され、屋根のあるベンチやBBQをするにはもってこいなこと。また海水浴期間中には監視員もいてクラゲ除けのネットも張られます。シャワーやトイレも充実していますし、自動販売機やコンビニも近くにあります。駐車場はとても広く、夏になる様々なライブ・フェスが開催され、たくさんの観光客で賑わいます。

美らSUNビーチ

そして男の子!特に小さな子におすすめは夕方の米軍の戦闘機訓練!

美らSUNビーチの真上にはJALやANAなどの旅客機も飛び交いますが、米軍の戦闘機も飛んでいます。くるくると回ってみたり2機の戦闘機が飛び交う姿は圧巻です。

毎週土日は米軍さんもお休みのため見られませんが、平日の夕方であればいつでも見られます。轟音を掻き立て物凄いスピードで旋回する様子は大人が見ても目が点になるほどなので、ぜひタイミングを合わせて見に行ってみてください。

人口のビーチは砂で埋め立てて造られるので、一定の場所まで海に入ると途端に深くなります。決して溺れる深さではありませんが、ずり落ちる感覚がしてびっくりするので注意が必要です。特に小さなお子様を連れて海水浴をする際は十分気を付けてください。

那覇市はホテルやゲストハウスなど宿泊施設も充実していますが、豊見城市には民宿が充実しています。平坦な土地柄お散歩にも適した場所で、民宿によってはレンタカーで回るよりも歩いた方がおすすめだったりします。

そんな民宿に泊まってぜひレンタルサイクルをするのがおすすめです。アップダウンも少なく高い建物もほとんどないので、自転車で行ける範囲内でルートを組みお店を回るのも楽しいです。

車では過ぎ去ってしまうだけの小さなお店が実はとっても美味しかったり、目立たない個人商店がとてもホットスポットだったりと観光ブックには載っていない沖縄に出会うことも出来ます。

美らSUNビーチ

美らSUNビーチに行ったらこれを食べて!

アウトレットモールあしびなーの斜め向かいに「豊崎ショッピングモールTOMITON」という複合型スーパーがあります。地元の方が買い物を楽しむ場所で、特にこれといった観光施設ではありません。

その中の1階にあるフードコートで食べられる沖縄そばが絶品です!メニューは50種類くらいあるのですが、とんこつ味かしょうゆ味の沖縄そばが1番美味しい!どちらも食べましたがとても美味しく、どちらもおすすめです。

沖縄そば

また沖縄ではじゅーしー(三枚肉が入った混ぜご飯)が定食には必ず付いてきますが、そのじゅーしーも美味しい!ぜひ美らSUNビーチやあしびなーに行った際は食べてみてください。

そばとじゅーしー

那覇から下、豊見城市や糸満市には米軍基地がありません。そのため米軍さんを見かけることもほとんどなく、騒音も旅客機くらいのもので静かで住みやすい街です。

また免許センターなどの主要施設は南部に集中していることもあり、何かと便利なのもおすすめのポイントです。お隣、糸満市は漁師の街と言われ魚が美味しく、那覇市と近いことから買い物には困りません。

ぜひ移住を検討している方は、ステキな美らSUNビーチで遊びがてら豊見城市の街並みを探検してみてください。

美らSUNビーチ