沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

ホエールウオッチングに行きませんか??

ホエールウォッチング

南国沖縄でも11月くらいからは少しずつ寒くなり、シュノーケリングやバナナボートなどのマリンアクティビティを楽しむのが難しくなってきます。そんな沖縄冬のマリンアクティビティのひとつにホエールウオッチングがあります。ホエールウオッチングの期間が12月下旬から4月上旬となっています。ドコから船が出るのか?どんな生き物に出会えるのか?など紹介させて頂きます!!

冬場の12月下旬から4月上旬に暖かい場所を求めて、いつもシベリア海域に生息しているザトウクジラなどが沖縄に流れ着いてくるのです。そして、出産と子作りに適している環境が沖縄には整っていると言われています。そんな野生のクジラをすぐ目の前で見て、その大きさに感動できるのがホエールウオッチングの楽しみ方だと思います。

シーズン中だと沖縄本島から南部、中部、北部3カ所から船が出ているので自宅近くや沖縄旅行でこられた方は宿泊されてるホテル近くを選ぶのをおススメします。

天候や海の状況によってツアーが困難な場合は中止になる場合があります。そしてホエールウオッチングのポイントに到着しても、他の船が来たらそのポイントから離れる場合もあるので事前に注意が必要となります。その譲り合いが、限られた期間でみんなでホエールウオッチングを楽しむ秘訣となっています。

南部(那覇市)

那覇市内のホテルなら無料送迎してくれるのは嬉しいポイントですね。開催期間は12月23日~4月8日で渡嘉敷島や座間味島周辺に行きます。所要時間は約4時間で集合時間が午前の部8:15と午後の部13:15の1日2回のツアーとなっています。集合場所は三重城港(那覇市西3丁目20)

  • 大人(13歳以上)¥4,200
  • 子供(6歳~12歳)¥3,000

乗船料、ガイド料、ライフジャケット料、保険料が料金に含まれています。2月と3月限定でクジラが見れなかった場合全額返金保証もやっています。冬の沖縄の海は、より澄んでいるので綺麗な珊瑚礁と迫力満点のザトウクジラを楽しんでくださいね。

中部(北谷町)

ホテルの多い恩納村、読谷村や北谷町のホテルにご宿泊の方はこの中部からの出発がいいかもしれませんね。開催期間は12月23日~4月8日で渡嘉敷島や座間味島周辺に行きます。所要時間は約3時間半で、集合時間が午前の部9:00と午後の部13:00の1日2回のツアーとなっています。集合場所はうみんちゅワーフ建物内カウンター(北谷町美浜54番地)

  • 大人(12歳以上)¥4,200
  • 子供(5歳~12歳)¥3,200
  • 幼児(4歳以下)¥1,500

乗船料、保険代、ライフジャケット料、ポストカードが料金に含まれています。こちらも2月と3月限定で全額返金保証か無料再乗船か選ぶことができます。体長約15メートルのクジラの潮吹きや、尾ビレで水しぶきを上げたりと様々な行動が楽しめます。

北部(本部町)

開催期間は年明けの1月6日~4月6日で水納島、瀬底島や伊江島周辺に行くことになります。所要時間は約4時間で、集合時間が午前の部8:30と午後の部13:00の1日2回のツアーとなっています。集合場所は国頭郡本部町崎本部671-1 無料駐車場があります。

  • 大人(中学生以上)¥4,800
  • 子供(4歳~小学生)¥3,800
  • 幼児(0歳~3歳)無料

クルーザー乗船料、ガイド料、ライフジャケットレンタル料、保険料が料金に含まれています。こちらは全日程で全額返金か、もう1度日を改めて再挑戦するかを選べます。

北部だとホエールウオッチングの開催期間が少し違い、クジラを探すスポットも北部ならではの島の周辺に行けるのでクジラと出会えるチャンスが多いという声もよく聞きますよ。


今回は沖縄冬のマリンアクティビティのひとつホエールウオッチングを紹介させて頂きました。新しい沖縄の楽しみ方にホエールウオッチングを加えてみませんか??

ホエールウォッチングツアー一覧