沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄本島の中部にある道の駅をご紹介!

道の駅かでな

ドライブ途中の休憩として出来た道の駅。中部にある道の駅は、少し変わった所が多い道の駅となっています。美味しいグルメやお土産などもありますが、沖縄の過去の歴史を学べる貴重な場所にもなっています。いつもと違う沖縄の見え方ができるかもしれない?中部の道の駅を紹介したいと思います。

うるま市与那城にある「海の駅 あやはし館」を紹介します。うるま市海中道路の途中にあり、ドライブ途中の休憩に利用される事が多いようです。沖縄でも珍しい海の上にある道の駅としても有名で、事前予約でBBQができるのも人気!手ぶらでビーチパーティが楽しめます!建物が船の形をしているので特徴になります。

レストラン 海風

綺麗な海を眺めながら食事を楽しむ事ができます。ランチバイキングで地元の旬の食材を使った和・洋・中・沖縄料理とメニューも豊富で、バイキングならではの好きな物を好きなだけ頂く事ができます。人気メニューのてびちの煮込みや、ちーいりちゃーなど沖縄料理は特に人気があります。食後のコーヒータイムも海を見ながらゆっくり過ごせるのもいいですね。

営業時間

11:00~15:00

ショップ

紅いもタルトやちんすこうなど定番の沖縄土産など購入することができます。珍しいのが、ちんすこうのバラ売りをしていて1個からの購入が出来ます。バラ売りなのでこれまで食べた事のない味も楽しめると思います!

「アトリエQ」というシーサー作り職人のシーサーも販売しています。本格的なシーサーから、可愛いシーサーまで良く見るとひとつひとつ表情が違うので、お気に入りシーサーを探してみてはいかがでしょうか??

HYグッズ

うるま市出身のアーティスト「HY」のオフィシャルグッズの販売もあり、HYオリジナルTシャツやタオルなど豊富な品揃えとなっています。HYファンの聖地としても、海の駅 あやはし館は有名なスポットです。

営業時間

9:00~19:00(夏季) 9:00~18:00(冬季)

読谷村喜名にある「道の駅 喜納番所」を紹介します。歴史の教科書で見た事あると思いますが、1853年に来沖したペリーがここに訪れて休息したと言われています。沖縄の真ん中に位置する読谷村は、那覇からでも名護からでもドライブの休憩しやすい場所にあります。読谷イモや焼き物(やちむん)が有名です。

レストランやお土産屋さんがない!?

そうなのです。他の道の駅とは違いレストランやお土産屋さんがこの喜納番所にはありません。見た目は、昔ながらの沖縄らしい赤瓦の古民家が「道の駅 喜納番所」になります。

中に入るとゆっくり座って休憩できるスペースと、読谷村のこれまでの歴史が学べる場所になっています。柱やトイレなど色々な所でやちむんが使用されていて、あたたかい雰囲気の道の駅とんなっています。観光用のパンフレットも揃っているので休憩しながら情報収集もできます。

営業時間

9:00~18:00

嘉手納町屋良にある「道の駅 かでな」を紹介します。屋上展望台から米軍嘉手納基地を一望する事ができる唯一の場所で、嘉手納町のこれまでの文化と米軍基地との歩みを学ぶ事ができます。米軍基地が近い事から平和学習のできる珍しい道の駅となっています。飛行機好きや戦闘機マニアの写真スポットとしても有名です。

UP-KITTY

道の駅 かでなの名物のジャンボバーガーです。昔から変わらない味で、ふっくらバンズとスパイスの効いたハンバーグを使ったチーズバーガーがおすすめとなっています。サイドメンバーのポテトもカリカリほくほくで美味しいですよ!

営業時間

9:00~23;00(ラストオーダー22:00)

琉球茶屋な~び屋

揚げたてのサーターアンダギーを販売しています。味も豊富でプレーン、ゴマ、ピーナッツ、シナモン、嘉手納名物の野国いもから選べます。やっぱりサータアンダギーは揚げたてが美味しいですね!!

営業時間

9:00~19:00


今回は、おすすめ道の駅中部編を紹介させて頂きました。中部の道の駅は、海の上にあったり定番のレストランやお土産屋さんが無かったり、米軍基地の目の前にあったりと少し変わった道の駅の紹介になりましたが、これが沖縄らしいのかもしれませんね。

沖縄本島の北部にある道の駅をご紹介!