沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

絶景に出合える石垣島の三つの灯台

平久保崎灯台

空気も海もきれいな石垣島ならきっと素晴らしい絶景があるに違いない!と思われる方も多いでしょう。その通りです!特に絶景が見られると評判の石垣島にある三つの灯台をご紹介します。

石垣島最北端の地にある灯台です。石垣島屈指の絶景スポットとの評判も高いです。平久保半島の先端に白い円柱の灯台と「石垣島最北端の地」の標識が立っています。

灯台までは目に優しい牧草の緑が広がる牛の放牧地の中を進みます。そしてその先に、180度以上広がるサンゴ礁に囲まれた壮大な海の絶景が待っています。

晴れた日には多良間島も望めます。展望台から見える浜はウミガメの産卵地になっているそうです。近くには絶滅が危惧されるヤエヤマシタンの自生地があります。ヤエヤマシタンは日本国内でも石垣島の平久保崎と野底のみ自生が確認されています。

アクセス方法

石垣市街地からは1時間ほど。アクセス方法はレンタカー、タクシーのみです。駐車場は無料ですが8台ほどしか停められないので早めに行ったほうがいいでしょう。売店などはありませんがトイレはあります。「地球の丸さを感じる!」「絶対ここだけ入っておくべき!」と絶賛する声も多く聞かれます。最北端とはいえ、石垣島は一日もあればゆったり走っても一周できる島ですから足を伸ばしてみてはどうでしょうか。平久保崎灯台の絶景を忘れられないリピーターも多くいます。

御神崎は屋良部半島の西海岸にある岬です。そこに航行する船舶の目印となる御神崎灯台があります。その灯台の下にある展望台までは歩いていくことができ、サンゴ礁が広がるきれいな海を見ることができます。

また、周辺は断崖絶壁を至る所で見ることができ、荒々しい岩と海を見物することができます。展望台から灯台を見上げると白い灯台が青い空に映えて美しいです。春先にはテッポウユリが咲き乱れ、ヒルサザキツキミソウがピンク色の絨毯を敷きつめます。

石垣島髄一の夕日スポットとして知られ多くの人が集まります。階段や上り下りが多いので歩きやすい靴で行くようにしましょう。

アクセス方法

アクセスはレンタカーかタクシーで。石垣島市街地からは車で25分ほどです。無料駐車場10台あります。売店などはありませんが自動販売機やトイレはあります。

石垣島の西南端にある観音崎の白い灯台が目印です。目の前には広大な海が広がっていて感動的です。すぐそばにある富崎観音堂は、長い階段の両脇にリュウキュウマツの林が広がっています。

また自然の岩場を利用した屋根、テーブル、いすが付いている展望台もあるので日中は東京の五倍の紫外線を避けながら景色を楽しめるようになっています。観音崎灯台は周辺の島々を眺めるには最高の場所にあります。竹富島は海を隔てた反対側にはっきりと見えます。そして西の方角には小浜島、その奥には西表島のシルエットを見ることができます。

周辺は整備されており、公園のようになっているので普通の格好で気軽に訪問可能です。海と空と山、石垣島の美しい自然を味わえる場所です。地元の人も大勢見に来る屈指の夕日鑑賞スポットです。晴れていれば水平線に夕日が沈んでいく感動的な光景に出会えます。

アクセス方法

離島ターミナルから車で10分ほどで行けるので、到着したその日に見たいときや平久保崎や御神崎はなどの絶景ポイントで夕日を見たいけれどちょっと距離が遠すぎる、という方には気軽に行けるのでお勧めです。唐人墓からちょうど道を挟んだ反対側にあります。フサキリゾートからビーチ又は道路を歩いて10~15分程で行けます。

無料駐車場有りますが駐車場はそれほど広くないので、車がいっぱいの時は唐人墓の駐車場に停めていくといいでしょう。


石垣島にある三つの灯台にはそれぞれ異なった魅力のある絶景が待っています。ドライブの中に組み込んでみてはいかがでしょうか。