沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

新石垣空港に行く前に、ユーグレナモールへお土産を買いに行こう♪

ユーグレナモール

石垣島でお土産を買うならユーグレナモールです!リーズナブルなものからちょっと高価なものまでそろうユーグレナモールのおすすめをご紹介します。

日本最南端のアーケードで、100軒以上の様々な店が軒を連ねています。265メートルの長さの南西側の中央通りと北東側の銀座通りの二つのアーケードが並行しており行き来できます。

ユーグレナモールの良いところ

やはり第一にはアーケードなので東京の5倍にもなる紫外線や時に猛威を振るう雨風を気にせずゆっくり買い物を楽しめることです。北東側の銀座通りのアーケードの真ん中のあたりには無料休憩所「まちなか交流館ゆんたく家」があります。二階は貸し切りスペース、一階は10畳ほどの無料休憩スペースになっているので歩き疲れたときは休憩できます。トイレもあります。南西側の中央通りから行くときは公設市場の中を通って行くことができます。

ユーグレナモールのおすすめ

お店のジャンルも多彩です。新鮮な食料品や、カフェ、沖縄で採れたサンゴや貝殻、琉球ガラスで作ったアクセサリーショップ、沖縄の作家さんのグッズをそろえた雑貨屋もあります。

フレンドリーで親切な市場のおばちゃんたちとおしゃべりを楽しめて交流できます。石垣島内でとれたてのパイナップルやマンゴー、島バナナなどの果物、鮮度のいい魚介類・肉類を扱う「石垣市公設市場」も公設市場の入り口に所狭しと並んでいます。沖縄本島の国際通りにある市場通りのような感じでしょうか。

公設市場のある建物の2階には特産品販売センターがあり、衣料・雑貨を扱っています。3階には「いちば食堂」という定食屋さんがあります。観光客はもとより地元の方も利用する安くてボリューミーな石垣牛焼肉定食が食べられるのでランチにおススメです。

大きなお土産物屋さんが数店舗あり、歩いていればすぐに目に入ります。石垣島のものであれば手に入らないものはないというほどの品ぞろえです。また価格も手ごろで日持ちのするお土産も豊富にそろっています。ラー油などの調味料、ラフテー、海ブドウなどのご飯のおかずになりそうなものもあります。沢山ありすぎて目移りしてしまうことでしょう。

沖縄在住の作家による沖縄の伝統工芸の琉球ガラスや焼き物、織物、シーサーを扱っています。一つ一つがオンリーワン。ちょっと特別なお土産を買いたい時にぴったりな工芸品をそろえたお店です。

新石垣空港からは車で30分ほどです。レンタカーの場合は周辺の有料駐車場を利用することになります。公共交通機関ではバスターミナルが最寄りです。また離島への玄関口・離島ターミナルへは歩いて10分以内の距離なので離島ターミナルに行く前にコインロッカーに大きな荷物を入れてユーグレナモールに立ち寄ることも可能です。


石垣島のものなら何でもそろうユーグレナモール。アーケードから脇に入った小道にも大小さまざまなお店やカフェ、沖縄料理のお店があるので気になる場所が入ってみると楽しい発見があるかもしれません。営業時間は各店に寄りますが大体朝8時から遅いお店では夜24時まで営業しています。「空港で買うより安く良いものが買える」という声も聞かれますので石垣島の最終日に寄ってみてはいかがでしょうか。