沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

楽しみにしていた沖縄旅行で発生したハプニング・失敗談

楽しみにしていた沖縄旅行。旅行中に起こってしまった沖縄ならではのあんなハプニング、こんなハプニングの失敗談を集めてみました。

飛行機

たとえば関西から石垣島に行くなら、飛行機ですよね。LCCならピーチ、ANAに直行便がありますが出来るだけ安くしたい人はスカイマーク、ソラシドエアを使って那覇で乗り継ぐ方法を選ぶ人も多いと思います。

乗り継ぎに他社を組み合わせたら思った以上に時間がなかった!

沖縄に飛ぶ飛行機のタイムスケジュールを見ると他社の航空会社にも考慮したようになっています。たとえばスカイマークで那覇に行って那覇からソラシドエアに乗り換える場合は1時間前後の時間が空いており、その時間で乗り継ぎ出来るようになっています。1時間もあるなら大丈夫!と思ったら実は全くそんなことはないのです。

乗り継ぎに他社を組み合わせたらお土産が買えなかった!

スカイマークとソラシドエアなどの他社の場合は連携が出来ていません。ということは、那覇に着いたら一旦荷物を受け取り、またチェックインし、手荷物を預けるという面倒なプロセスをもう一度やらなくてはいけなくなるのです。これは結構手間で時間がもったいない!旅人にとっての一分一秒はとても貴重なものです。

那覇空港で乗り継ぎの合間にお土産買おう~と思っていたら全くそんな時間がなくて結局お土産が買えなかった!という残念な事態に。乗り継ぎはよく考えてプランニングをしましょう。

川平湾

せっかく沖縄にきたら沖縄の大自然はぜひとも味わいたいですよね。でも手付かずの自然に素人が飛び込むのは危険です。やはりツアーガイドに申し込みましょう。沖縄には沢山の魅力的なネイチャーツアーがあります。ということで沖縄のツアーに関する失敗ハプニングです。

うっそー!!水着のままで解散ですか!?

沖縄の真っ青な美しい海でボートシュノーケル・・・あこがれますよね。半日であれば5,000~6,000円とお手ごろなツアーの代表です。「楽しかった~」「またやりたいね」という気持ちに水を差すようなことが最後に起こることがあります。

それは着替える場所がないという事態。シャワーが浴びれないということも実はよくあります。港集合のツアーには着替え場所ナシ、シャワーナシというプランが多いので注意が必要です。ツアーの行程をよく確認し、疑問は問い合わせをすることです。

安いと思っていたのに・・・どんどんかさんだツアー代金

安いと思って申し込んだツアーでも最終的には結構かかってしまった、なんてことがあります。それは機材レンタルが有料になる場合です。つい都会の何でも至れり尽くせりのサービスに慣れていると見落としがちなのですが、“全部込み”と“機材レンタル別”のツアーがありますので注意が必要です。

沖縄の体験ツアー一覧

沖縄失敗談3.沖縄に流れるゆったりとした時間・うちな~タイムの罠

砂時計

「うちな~タイム」という言葉があるのをご存知でしょうか。これは日本本土とは異なる時間感覚のことです。沖縄では予定していたことが遅れたり、なくなったりしても悪いとは思わない人が一部いらっしゃいます。田舎に行けば行くほどこの傾向が強いようにかんじます。これを「うちなータイム」と呼ぶのです。この独特の時間の流れを味わうために沖縄を目指す旅行客も多いと思いますが、それゆえに起こったハプニングのご紹介です。

有名グルメサイトなどで事前に下調べをしっかりして行ったのに実際は閉まっていた!ということもあります。おじいやおばあが切り盛りする店などではおいしい沖縄料理が味わえるので人気がありますが、行ったら閉まっていたということが時々発生します。そんな時はタイミングが悪かったのだと思って諦めましょう。誰も悪くないのです。「うちなータイム」のせいです。

現地で食事は調達しようと思っていたのに今夜の夕ご飯がない!

沖縄の離島などに宿泊する場合、ホテル、民宿、コンドミニアムなどがあります。これも都会感覚のせいかもしれませんが、離島には24時間営業のコンビニやスーパーは石垣島の中心地くらいにしか存在しません。「現地で調達すればいい」が通用する場所なのかどうかをよくよく確認しましょう。

またスーパーがあったとしても閉まる時間が沖縄本島に比べると信じられないくらい早いことも。ツアーからかえってから買いに行こうと思ったら閉まっていた!なんてことも。開店閉店時間を確認しましょう。

旅にハプニングはつき物です。ハプニングも後から振り返ってみればきっといい思い出になります。特に沖縄の旅には心の余裕も一緒に携帯しておけばいいですね。