沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄旅行が1番格安で行けるのはどの時期?

今でこそLCCやゲストハウスを利用して格安で沖縄旅行を楽しむことが出来るようになりましたが、少し前までは海外旅行よりも高い価格帯でした。そんな沖縄旅行ですが、オフシーズンと呼ばれる時期があり、安く楽しみたい方には必見のお話しです!

沖縄のハイシーズンは4月から10月までのことを言いますが、これは「海に入れる時期」にも関係しています。沖縄の海開きは早いところで3月から、どんなに遅くても4月には遊泳可能となります。そこから梅雨である5月6月を除いて10月までは海に入ることが出来ます。

気合いがあれば1年中海に入ることも可能ですが、冬はやっぱり少し肌寒いのでおすすめしません。

沖縄

またこのハイシーズンに加えて「GW料金」や「夏休み料金」が加算されます。でも休みがその時期にしか取れない!という方は、早割を使うのがおすすめです。プランを利用する方が安い場合と、航空会社と宿泊場所を別で予約した方が安い場合の2通りがあります。

早割は絶対に航空会社と宿泊場所を別で予約した方が安いので、お休みの日に目途を立てて何ヶ月も前から予約するのが「格安」に沖縄を楽しめるコツです。

沖縄の梅雨は日本の中で1番最初に来ますが、だいたいGWのあとすぐから6月いっぱいとされています。梅雨の時期は雨もさることながら、なんといっても「湿気」がすごいんです。那覇空港に降り立ったときのあのモワーンとした南国特有の湿度ですが、毎日雨が降り続く中、気温は上昇傾向にあるため、とにかく蒸し暑い。早い人は5月からエアコンの除湿を付けるほどで、ムシムシベタベタするこの時期はあまりおすすめ出来ません。

雨

飛行機も宿泊場所も安くはなりますが、海水浴は楽しめないし外の観光地には軒並み行くことも出来ません。GWを外した方が安いだろう!と思っている方、それなら4月に旅行に来ることをおすすめします!

沖縄にも修学旅行生がたくさんやってきます。10月から11月は修学旅行生が、2月から3月は卒業旅行生が来ます。そしてホテルや飛行機でも最もクレームの多い時期となり、理由は「隣の客室が騒がしい」「狭い機内ではしゃがないで」といった修学旅行生特有のものです。

修学旅行生

せっかくのリゾート気分もギャーギャーされては台無しになってしまいます。ですが、その時期は沖縄旅行が安くなる時期でもあります。また観光客も少ないためおすすめではありますが、リゾート気分とは少し違ったものになってしまうかもしれません。

南国

そこでおすすめしたいのが、普段選ぶ価格帯のホテルよりも少し高めのリッチなホテルです。安めのホテルに集中して集まる傾向があるので、いつもより少しだけ贅沢することでリゾート気分を存分に味わうことが出来ます。

またそういったホテルの中には「13歳未満のお客様は宿泊できません」といった場合があります。飛行機のチケット代が安くなる分、リッチなホテルに泊まってみるのもありかもしれません。

私は11月に沖縄旅行をして1月に移住したのですが、おすすめは「1月下旬から2月」です。

まずサーファーの皆さんは、絶対にこの時期がおすすめ。本州の冬とは違い、沖縄の冬はどんなに寒くても15度を下回ることはありません。また沖縄も冬の方が波が荒く、乗り心地最高の波が待っています。

サーフィン

お正月でも30度を超える日がある沖縄ですが、1月下旬からは一気に寒くなります。といっても長袖Tシャツ1枚で歩けるほどなので、本州からの旅行であれば十分に暖かいですね。

またこの時期は受験シーズンで学生も少なく、日本1早い「桜の開花」を楽しむことも出来ます。オフシーズン真っただ中のこの時期は飛行機もホテルも格安になるので、少し贅沢をして真夏でないまた違った沖縄を楽しむのがおすすめです。

桜

沖縄の夏はどこへ行っても観光客の姿を目にします。真夏こそ南国!ではありますが、冬の沖縄もなかなかおすすめ出来るものです。人のいない透明度バツグンの海は絶景ですし、オフシーズンはどこの観光地も料金が下がっています。たくさん楽しく遊びたいなら絶対にオフシーズンがおすすめ!皆さんも冬の沖縄に遊びにきてください。