沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄にある「備瀬のフクギ並木」と「ワルミ」を散歩しよう!

備瀬のフクギ並木

沖縄県北部、美ら海水族館がある本部町に備瀬のフクギ並木はあります。またその近くには神様に選ばれたものしかたどり着けないと云われている「備瀬のワルミ」があります。古き良き景色の残る備瀬集落の魅力をお届けします。

那覇空港からおよそ2時間、美ら海水族館の近くにある「備瀬集落」というところに備瀬のフクギ並木はあります。古き良き沖縄の民家が建ち並ぶ景色はまるでタイムスリップしたかのよう。

フクギは「福を呼ぶ木」とも言われ、沖縄では防風林として活用されています。昔から家や人のために役立ってきた木ですが、備瀬のフクギ並木はおよそ1キロほど続いています。

2万本ものフクギが生えており、ゆらゆらと揺れている隙間から差し込む太陽が、最高の景色に色合いをもたらします。また備瀬のフクギ並木から10分ほどの場所に神様が降り立ったとされる「備瀬のワルミ」があります。今回はそちらも合わせてご紹介致します。

備瀬のフクギ並木の入り口には有料の駐車場があります。そこに車を停めて、いざお散歩へ出発!

駐車場からすぐフクギ並木に入ることが出来ます。フクギ並木は備瀬集落の家々を台風から守るために、民家の周りに植えられたのがきっかけで並木道になりました。並木道のすぐわきは民家なので、決して住民の邪魔にならないように気を付けてください。

備瀬のフクギ並木

石垣で出来た塀に、赤瓦の家、昔の沖縄にタイムスリップしたかのような景色は癒されること間違いなしです。そんな石垣の塀にはたくさんの野良猫が休んでいます。人馴れしていてシャーシャーすることもないので、景色の中に猫を入れた写真を撮ればまた一味違った沖縄を感じることが出来ます。

フクギ並木の地面は、サンゴ礁の欠片で出来た白い砂で埋め尽くされています。毎日たくさんの観光客が来ると地面は足跡でいっぱいに。毎朝集落の方がキレイにしてくれているので、早朝に行った方がより光の反射具合がキレイに見られます。

備瀬のフクギ並木から5分ほどの場所にある「備瀬のワルミ」は神様が降り立った場所として、備瀬集落の方たちが大変大切にされている場所です。その神秘的な空間といきなり開けた場所にある透明度の高い海が、観光地として人気スポットになっています。

まずは備瀬のフクギ並木を歩き、そこからわきに逸れて10分ほど。

備瀬のワルミ

両サイドを岩に囲まれた場所に出ます。ここからはもう波の音を聞くことが出来ます。そしてこの場所に神様が降り立ったと云われています。そこから先へ少し進むと…

備瀬のワルミ

もう、日本ではないみたいです。沖縄には数々の素晴らしい海がありますが、こんなに透明度の高い海は本島でもなかなか見ることが出来ません。

備瀬のワルミ

今でこそ人気観光スポットとして有名になった備瀬のワルミですが、今でも「神様に選ばれたものしか辿り着けない」と言われています。その理由は「場所がグーグルマップ(地図)に乗っていない」ことと、ここかな?と思っても「道が複雑で海へたどり着けない」ことにあります。

観光マップにすら場所は載っていないので、地元の方に聞くのが1番ですが、その地元の方すら分からない人もいるほど…。そんな複雑な場所にあり、誰でも行ける場所ではないからこそ、より神秘的に感じられるのかもしれません。

沖縄には数々のパワースポットと呼ばれる場所がありますが、辿り着けるか分からない場所というのはなかなかありません。その分、人の手が加えられておらず、ありのままの自然を感じることが出来ます。

本部町には観光スポットがたくさんあり、美ら海水族館や海洋博公園、また伊江島に渡るにも本部港から行くのが便利です。

備瀬集落

まるで時間の流れが止まったような「備瀬集落」観光スポットへ行くついでに、備瀬集落を散策して癒しとパワーをもらってきてください。