沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

定番観光地「万座毛」は沖縄有数のリゾート地?

万座毛

沖縄県北部、恩納村にある万座毛は沖縄好きなら誰でも知ってるほどの有名観光地です。万座毛のある恩納村は本島の中でも有数のリゾート地。高級リゾートホテルがいくつも立ち並んでいます。そんな万座毛をぜひ訪れてみてください。

万座毛は沖縄県北部の恩納村にあります。残波岬よりも北にあり、辺戸岬よりも南にあります。ダイビングスポットとして有名な青の洞窟のすぐ近くです。那覇空港からは高速道路を使っておよそ1時間ほどで行くことが出来ます。

万座毛には遊歩道があり、1周するのに大人で20分から30分ほどです。近くには無料の駐車場や公園も完備されているので、景色を楽しみながらピクニックするのもおすすめです。

万座毛は沖縄本島の北部、恩納村にある景勝地です。隆起したサンゴ礁からなる約20メートルの絶壁に「象の鼻」と呼ばれる形をした岩があるのが特徴的です。万座毛の海岸線は沖縄海岸国定公園に指定されており、キレイな夕陽を見られるスポットとしても大変人気です。

夕日

万座毛という名称は、かつて琉球王の尚敬が万座毛を訪れた際に「万人が座するに足る毛(一万人が座ることの出来る広い野原)」と称賛したことが由来とされています。

そんな万座毛には素晴らしい海と景色があります。その景色を見ながらいつまでもここにいたくなるような、広大な野原。現実を忘れさせてくれる、自然からエネルギーをもらえる場所です。

また万座毛には万座毛でしか見ることが出来ない植物があります。国定公園に指定されているだけあってとても自然が豊かな場所であり「万座毛石灰岩植物群落」として県の天然記念物にも指定されています。

万座毛の入り口には「恩納ナビーの歌碑」があります。1700年代の代表的な女流歌人として知られている、恩納ナビ―の歌碑。

そこには「波の声もとまれ 風の声もとまれ 首里天がなし 美御機拝ま」と刻まれていて「波の音も静まれ 風の音も静かになれ 国王様のお顔をみんなで拝みましょう」という歌意です。

琉球王の尚敬が万座毛に立ち寄った際、広場には王の顔を一目見ようと大勢の人が集まってきました。その風景を見たナビーがウシデーク(女性たちが太鼓を鳴らしながらの農漁の収穫を喜んで歌い踊る)のときに王一行に歓迎の意を表して、即興で詠んだ歌だといわれています。

また恩納村には琉歌の里・恩納をPRするためにナビーちゃんというキャラクターがいます。

万座毛では遊歩道を歩いたり景色を眺めたり写真を撮ったり…そんなことをして長時間過ごす人はあまりいません。でも自然溢れるこの場所は癒し効果バツグンなので、ぜひとも心ゆくまでゆっくりしてほしいものです。そこで万座毛でのおすすめの過ごし方を紹介します!

まずは駐車場に車を停めて、遊歩道で海岸沿いをぐるっと一周。真っ青な沖縄らしいキレイな海が見えてきます。

万座毛

そしてその先にあるのが「象の鼻」と呼ばれる万座毛の象徴的な岩。干潮と満潮で見える姿が変わるのも面白いところで、荒々しい波が打ち付ける様子はなんだかとても神秘的です。

像の鼻

遊歩道の周りにあるのは海だけでなく、万座毛という名称の由来にもなった広大な草原。晴れた日に草原に座り地平線を見ていると現実ではないような、そんな雰囲気に癒されます。

万座毛

そしておすすめは、駐車場入り口の手前から横道に入れるのですが、その細い道を歩いて行くと開けた場所に屋根付きのベンチがあります。あまり知られていない場所なので、夕陽を見るなら絶対にここがおすすめ。

万座毛には無料で停められる駐車場が50台ほどありますが、その後ろにはお土産屋さんがズラーっと並んでいます。まるで市場のような雰囲気で、思わず手に取ってしまうこと間違いなし!

かりゆしや島ぞうり、フルーツジュースやサーターアンダギーも売っているので、ここで軽食を買って万座毛で景色を眺めながら食べるのもおすすめです。

万座毛

万座毛の近くにはたくさんの観光地がありますが、特におすすめなのは同じ恩納村にある「琉球村」です。沖縄に関するほとんどのことを体験することが出来るので、夕方まで遊んでから万座毛で夕陽を見て帰るのが最高のプラン。

沖縄北部の海は本島の中でも特に美しいと云われています。国定公園であり、また天然記念物にも指定されている万座毛が人気の理由はそこにあるのかもしれません。ぜひ皆さんも万座毛の持つ自然のパワーに癒されて、ステキな時間を過ごしてください。