沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄に移住するなら車は必須?

58号線

沖縄は車社会と言われていますが、これから移住してくる方の中には車や免許を持っていない方もいると思います。また車を持っている方もどうやって沖縄まで車を持っていくのか、費用や時間などに頭を悩ませますよね。今回はそんな移住事情をご紹介します。

沖縄には電車が走っていません。那覇市内だけはゆいレールというモノレールが走っていますが、歩いた方が早いほどの距離間で普段使いにはあまり向いていないのが現状です。沖縄は日本列島と同じく縦に長いのが特徴の島で、あまり知らない人も多いと思いますが、傾斜の激しい地形をしているのでアップダウンが多いのも特徴です。

バスも多く乗り慣れてしまえば便利ではありますが、目的地の前で降りれるわけではないので天気の悪い日は不便に感じてしまいます。タクシーも首都に比べたら安いですが、暮らしていくとなるとしょっちゅう乗れるものではありません。

そうなるとやはり車が1番便利なわけです。アクティブな趣味を始める人も多く、また大きな病院やクリニックがどこにでもあるわけではないので、車を持っていて損することはありません。よって沖縄移住に車は必須となります。

沖縄まで車を運ぶ方法は主にフェリーになります。今は安く、便利に運ぶことが出来るようになったので、荷物の多い方は車にパンパンに詰めて運んでもらうのも賢い引っ越しの仕方だと思います。

フェリーに車

沖縄車両フェリー運行会社というところで比較したところ

  • 東京から那覇まで軽自動車を運んだ場合:53,000円
  • 大阪から那覇まで軽自動車を運んだ場合:52,000円

となっています。他者との比較でも料金がそこまで大きく変わるわけではなく、基本的にはこのくらいの価格帯が平均です。最近では自宅から沖縄の新しい家まで運んでくれるサービスもあるので、手間等かからず便利に利用することが出来ます。

ちなみにですが、羽田空港から那覇空港までファーストクラスに乗っても同じくらいの金額です。引っ越し業者に頼むと沖縄は30万円~40万円ほどになりますので、そう考えると安く感じるかも?

出来るか出来ないかと言われれば、車がなくても免許がなくても移住することは可能です。そして生活していくことも問題なく出来ます。

車がなくて不便なことは、仕事を探すときに近場だけになってしまうので範囲が狭まることや、台風などの日に買い物に行くのが大変なことくらいです。移住してまで観光地に出掛ける人は少ないでしょうから、お出掛けはバスを利用すれば事足ります。

最近ではロードバイクで移動する人も増え、自転車人口も増えてきたので車を持っていないことは珍しいことではありません。二輪車だけなんて人もたくさんいるので、工夫しながら暮らしていけば車社会で車を持たなくても正直なんとかなります。

自転車

でも問題なのが免許です。身分証明書としても重宝する免許証ですが、沖縄では就職の際に必須になっている場合が多いのです。正社員だけではなくアルバイトにも同じことが言えます。

理由は様々ですが、接客業の多くは免許がないと台風の日の出勤はどうするのかと問われます。(沖縄の方はバスを信用していないので、あてにするとガッカリすることがあります。)

他にも営業さんは必須なことがもちろんですし、取引先が来た際や離れた場所に用事がある場合にバスを待ったりタクシーを使うのは中々認めてもらえません。

そこから絶対に動くことのない仕事や、台風でも出勤に問題のない距離でしか仕事を探せないのでただでさえ仕事の少ない沖縄では苦労します。

それでも運転するのが怖い!という方は根気よく探すしかありません。比較的栄えてる場所にはスーパーなどのお店がたくさんあるので、アルバイトには困らないです。

正直、車よりも免許よりも移住に必要なものがあります。それは「賢くなること。」

確実にお給料は今よりも少なくなるので大きな車に乗れば税金や保険の問題が付きまとい、更に食材の高い沖縄で生活していくにはあらゆることに工夫が必要です。車がなくても免許がなくても生活には何も困りませんし、ロードバイクを買えばだいたいの場所には行けるようになります。

台風も突然来るわけではないので備えておけばいいだけです。

ニライカナイ橋

免許は本州よりも安く取れるので、これから取ろうと思っている人は沖縄で取得した方がお得です。車も格安で買えますが、塩害には十分気を付けてその影響も考慮しながら中古車探しをするのがおすすめです。

近所の人と交流を持ったり、お友達をたくさん作れば困ることは何一つないので気軽に、楽しく暮らしていけるように気持ちを整えることの方がずーっと大切です!