沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄で仕事を賢く探す方法は?コツはあるの?

沖縄移住

移住を検討している人にとって最大の悩みの種が「仕事」です。仕事さえあれば今すぐ移住するのに!という声を本当によく耳にします。今回はそんな移住者のために仕事探しのコツと賢く探す方法をお教えします!

タウンワークやバイトルなど、全国的に有名で誰もが知っている求人サイトはいくつかありますよね。ですが、沖縄ではより沖縄に特化した求人サイトを使う方が効率的です。聞き慣れないと思いますが「ウェブアグレ」や「ルーキー」「ジェイウォーム」といったサイトがおすすめです。

探す

正社員・バイト問わずにこの3誌がおすすめで、沖縄の求人量が他の求人誌に比べて圧倒的に多いです。ネットにも掲載されていますし、沖縄県内のスーパーやコンビニには必ず置いてあるので、1度チェックしてみてください!

沖縄は全国で1番低い最低賃金で、アルバイトの多くは714円~700円台がほとんどです。

また1日に8時間も10時間も働く意識がないので、たくさんの従業員で少しづつ働いてお店を回してるところも多くあります。正社員でも手取りで10万円貰えない会社もありますし、今までのお給料と比べていたら仕事にやる気を持てなくなってしまいます。

沖縄

ハッキリ言うとお金が欲しいなら沖縄は向いていません!今までのことはキレイさっぱり忘れて、これからの事だけを考えるようにしましょう!

皆さん仕事を探すときは正社員ですか?アルバイトですか?もしも正社員なら、なんで正社員にこだわるんですか?沖縄では40歳男性アルバイト、なんてのも珍しくありません。だって「食べていければいいじゃん!」だからです。 本州の人とは仕事に対しての価値観が全く違うので、生活していけるならなんだっていいんです。

面接

実際沖縄で正社員になろうものなら、外資系か大手以外ではフルで働いているアルバイトと同じくらいのお給料になります。だったらある程度自由の効くアルバイトでも何も問題ありませんよね?福利厚生は今アルバイトでもしっかりしているお店も増えていますし、沖縄に来て賢く生活する方法を学んでいけばいいのです。そう思えるようになるだけで、夢の移住生活はずーっと近くになりますよ!

最近沖縄ではオシャレなお店やカフェがあちこちに出来ています。出来ているということは雇用があるということです。そして多くのお店はTwitterやインスタグラムを多用しています。

求人も求人誌に載せるよりSNSに載せた方がダイレクトに反応が分かるのでお店側もこぞって利用しています。せっかく沖縄に来たから海の見えるカフェで働きたい!アメリカンな洋服屋さんがいい!と思ってる人は絶対にSNSを利用するべき!

パソコン

SNSにはお店の情報が詰まっているのでお店の雰囲気やスタッフの事なども知れて、一石二鳥になります。那覇・浦添・北谷にオシャレスポットが多いですが、探せばたくさん出てくるので住みたい街にも絶対にあります!

ネットで沖縄移住について調べていると必ずこの問題が出てきます。ハッキリ言うと、自分次第です。

職場は学校ではないので友達を作りに行ってるわけではありません。沖縄にはフレンドリーな人が多いですが、それを勘違いするのも移住者側に問題があります。方言が分からないときは「ごめんなさい、どんな意味ですか?」と聞けばわざわざ意地悪してくる大人はいません。

内地という言葉があり、移住者をあまりよく思わない人も中にはいます。でもそれは少数であって気にすることではありません。

ガッツポーズ

楽しくやるのも、つまらなくするのも結局は自分次第です!新しい土地で新しい生活を始めるのだから、どうせなら楽しく生活するに越したことはありません。

焦らず、構えず、のんびりと。今まで経験したことのない職業も新天地では違って見えるかもしれません。

とりあえず面接に行って話を聞くだけでも何かが変わるかもしれませんよね?色々な可能性を捨てずにチャレンジしてみることが、沖縄移住への第一歩になります!