沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

宜野湾市で移住者におすすめは西海岸エリア

宜野湾市で移住先におすすめなのが、沖縄西海岸道路の開通で那覇へのアクセスが便利になった西海岸エリアです。そこで自分らしい暮らし方が実現できる、宜野湾市西海岸エリアの魅力をわかりやすく解説します。

宜野湾市

宜野湾市の西海岸エリアとは、宜野湾市の西部のことをいいます。

ただし大きく分けると海岸沿いにある真志喜(ましき)・宇地泊(うじどまり)集落と、タイモ栽培が有名な大山(おおやま)集落の2つに分かれるため、一般的には海岸沿いの真志喜・宇地泊集落を「宜野湾市西海岸エリア」と呼ぶことが多いです。

さらに真志喜・宇地泊を通る宜野湾バイパス周辺は、バイパス沿いに沖縄コンベンションセンターがあるため、通称コンベンションエリアとも呼ばれます。

宜野湾バイパスは宜野湾~浦添を結ぶ西海岸道路とつながっていますし、浦添から那覇間の道路も整備されたため、宜野湾西海岸エリアから那覇までのアクセスが非常に便利になりました。

西海岸道路が開通する前は、宜野湾市から那覇市へのアクセスは国道58号線がメインでした。

そのため慢性的な交通渋滞が起こり、ファミリー世帯や現役世代が住みにくさを感じる原因となっていました。

ところが西海岸道路開通のおかげで通勤・通学時間が大幅に短縮したため、宜野湾市の西海岸エリアは地元住民からの注目度も高いエリアになっています。

宜野湾市

宜野湾市西海岸エリアには、有名アーティストのコンサート会場にも利用される沖縄コンベンションセンターを中心に、宜野湾海浜公園やトロピカルビーチ、ラグナガーデンホテルなどの大型施設が多く集まっています。

トロピカルビーチ

なおトロピカルビーチは、ビーチのすぐそばにバーベキュー施設が完備されているので、マリンレジャーとバーベキューを一緒に楽しむことができる夏のレジャースポットとして人気があります。

また宜野湾海浜公園はプロ野球の横浜DeNAベイスターズのキャンプ地になっているので、キャンプシーズンになると県内外からプロ野球ファンが多く集まります。

とはいえ宜野湾市西海岸エリアは県による大規模な土地開発によってできた地域なので、街を歩いていても那覇市内のように人混みが気になるようなことはありません。

むしろアメリカ西海岸のように、青い海と空を間近に感じられる開放的な雰囲気があります。

宜野湾マリーナ

西海岸エリアには、沖縄県初の本格的マリーナ「宜野湾マリーナ」があります。

収容隻数約800隻の大規模マリーナで、マリーナのとなりにはマリンレジャーや朝夕の散歩を楽しむのにおすすめの公園も整備されています。

宜野湾マリーナ

もちろん沖縄は周囲を海に囲まれているため、宜野湾マリーナのほかにも船を停泊させることができるマリーナはあります。

ただし収容隻数が圧倒的に違うので、マリーナを見学していても迫力が全く違います。

しかもマリーナに停泊している船を見ながら散歩を楽しむことができる遊歩道が整備されているので、単に海岸線を散歩するのとは違った楽しみ方ができます。

宜野湾市

宜野湾市の西海岸エリアには、ショッピングセンターやアミューズメント施設もあります。

さらに宜野湾バイパスから西海岸道路に入れば、車で5分の場所に2019年オープンの大型ショッピングモール・サンエーパルコシティもあります。

さらに国道58号線に出れば、アンティーク家具がそろう大山の家具通りやニトリがありますし、大型家電ショップもあります。

そのため暮らしに必要なものは、西海岸エリア内ですべてそろうのも魅力です。

宜野湾市

宜野湾市の西海岸エリアは、都市計画によって新しく作られた街なので、いろいろな文化が融合しているのも特徴にあります。

大山集落には先祖代々住み続けている人も多いのですが、コンベンションエリアには分譲マンションや都市開発後に建てられた賃貸住宅が多いです。

そのため本土からの移住者に対してもフレンドリーに接してくれますし、新しい文化やビジネスにも抵抗なく受け入れる土壌があります。

こうした西海岸エリアの傾向は、沖縄文化の象徴である「チャンプルー文化」が原点にあると思われます。

琉球・日本・アメリカ・沖縄と時代によっていろいろな文化の影響を受けて成長してきた今の沖縄は、それぞれの時代の文化を取り込みながら常に新しい沖縄スタイルを作り上げてきました。

このような沖縄のチャンプルー文化を現在進行形で楽しむことができることも、宜野湾西海岸エリアの魅力といってもよいかもしれません。

宜野湾市

宜野湾の西海岸エリアは、沖縄らしい海のある風景と暮らしやすい環境が整っている地域といえます。

宜野湾から浦添の西海岸道路によって今後さらに都市開発が進むことが予測されるだけに、物件探しや情報収集は早めに始めるのがおすすめです。