沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

那覇市の賃貸マンションの相場や間取りとは?

那覇市の賃貸マンション

那覇市の賃貸マンションの相場は、物件がある地域だけでなく広さや間取りによっても違います。そこで物件探しのヒントとして知っておきたい、那覇市の賃貸マンションの価格相場や間取りをまとめてみました。

賃貸マンションを選ぶ時に重要なのが「適正家賃」です。

適正家賃とは「地域の価格相場にあっている家賃」ではなく、「給料から生活費を差し引いても十分に支払うことができる家賃」のことです。

一般的な適正家賃の考え方は「年収の30%」なのですが、この考え方は年収400万円以上でなければかなり厳しいです。

沖縄では年収400万円未満の世帯が多いため、年収の30%で計算すると、1か月の適正家賃が12万円になってしまいます。

ちなみに沖縄では1世帯当たりの車の平均所有数は2台ですから、車にかかる維持費も生活費になりますし、賃貸マンションの駐車場が1台のみの場合は、別途1台分の駐車場を契約しなければいけません。

こうして考えると沖縄での適正家賃は「年収の30%」ではなく「月収(手取り)の25%」で考える方が生活に負担がかからなくなります。

那覇市内の賃貸マンションでファミリーに人気がある間取りは、2LDKと3LDKです。子どもの人数に合わせて子供部屋を作ってあげたいと考えるなら3LDKになりますが、子どもの人数が3人以上となると賃貸マンションよりも戸建て住宅を考える人が増えます。

そのため子どもたちの部屋と夫婦の部屋の2室に広めのLDKがあれば十分と考える方が一般的で、年収に余裕がある場合は3LDK、貯蓄や子どもの教育費を重視したい場合は2LDKを選ぶ傾向があります。

なお賃貸マンションの2DKは子どもと夫婦の部屋を分けることが難しいので、ファミリーにはあまりに人気がありません。

ちなみに那覇市内の賃貸マンションの価格相場ですが、3LDKだと14.5万円、2LDKだと10.5万円になります。

カップル・夫婦

賃貸マンションでも大人2人で暮らすのであれば、2DKが人気です。2DKにはメインルームが2室あるので、それぞれの個室を作ることができます。

またメインルームが2部屋ある2LDKと家賃を比べると、2DKの方が3~5万円安くなるため、生活費に負担をかけず将来のための貯蓄に回すことができます。

なお同棲や新婚の場合は子どもが生まれるタイミングで広い間取りに引っ越すケースが多いので、2人での生活に支障がなければ、多少狭い物件でも家賃を重視して選ぶこともよくあります。

2DKの価格相場は5.6万円ですが、駐車場が1台分しか含まれていないことが多いので、2台車を所有する場合は別途駐車場の賃貸料がかかります。

そのことを踏まえて適正家賃を考えるのが、2DKを選ぶ時のポイントです。

女性の場合はキッチンの広さや使いやすさを重視する人が多いのですが、キッチンの広さはDKとLDKではかなり違います。

DKとLDKはどちらもダイニングキッチンのことなのですが、その広さが8帖未満だとDK、8帖異常だとLDKになります。

ただし問題は8帖未満の方です。DKと表記される広さの範囲は4.5帖以上8帖未満なので、場合によってはDKとあってもダイニングテーブルを置くことができないこともあります。

そうなると食事をするのはメインルームになるので、メインルームが1室しかないと寝室で食事をすることになります。

その点LDKの場合は8帖以上の広さがありますので、リビングにダイニングテーブルをおくこともできますし、ソファーとテレビを置くこともできます。

メインルームは完全なプライベートルームにできるので、急な来客があっても慌てずに済みます。そのため女性にはLDKの方が人気です。

なお女性の一人暮らしに人気の1LDK賃貸マンションの価格相場は9.2万円ですが、セキュリティが万全で立地条件も良い物件が多いので人気があります。

那覇市内の賃貸マンションは、他の地域と比べてもやや高めです。

でも実際に物件選びをする時には、「家賃が安い・高い」を基準にするのではなく、自分に合った適正価格の物件であることを前提に探すのが成功のコツです。