沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄での就職に必須!地銀行情報!

通帳

沖縄に本社のある会社の給与支払い等では、沖縄にある地銀しか取り扱いのない場合が多くあります。どの銀行がどんな機能を持っているのかまとめたので、これから移住する方はこれを参考に口座を開設してみてください。

沖縄には三代銀行と呼ばれる地銀があり、給与の支払いや光熱費の引き落としにはこの地銀が指定されている場合が多々あります。そのため移住者は口座を新たに開設しなくてはいけません。

  • 琉球銀行
  • 沖縄銀行
  • 沖縄海邦銀行

上記の3つを三代銀行と呼びますが、それぞれの銀行に特色があり用途に合わせて選ぶのがオススメです。

琉球銀行は1948年(昭和23年)に米軍統治下にあった琉球において、戦後インフラの抑制と沖縄経済の正常な発展のために沖縄の中央銀行的な銀行として設立されました。沖縄が日本へ返還されるまでは、紙幣や硬貨を刷っていたことも特徴的です。沖縄の地銀としては最も古い銀行です。

沖縄銀行は1956年(昭和31年)琉球銀行設立から8年後に、当時の沖縄の政界の人たちによって設立されました。

県指定金融機関を琉球銀行と共に隔年で受託しているほか、県内自治体で沖縄銀行が指定金融機関を受託しているケースもあります。そのほとんどは琉球銀行と交代で行われ、ライバル企業でありながらも沖縄の地銀としては2本柱として機能しています。

沖縄海邦銀行は琉球銀行と沖縄銀行とは違い、少し特殊な銀行です。沖縄には「軍用地」と呼ばれる土地持ちがいて、米軍や日本の自衛隊に土地を貸すことで「軍用地代」というお金を国から頂いてる方が一定数います。その人たちが集まって設立したのが、沖縄海邦銀行です。

預金総量や経常利益では琉球銀行が1位、沖縄銀行が2位、沖縄海邦銀行が3位となりますが、沖縄海邦銀行が2015年に新社屋を建ててからは追い上げてきている感じです。

ここまで各銀行の特徴をご説明いたしましたが、各銀行によって様々なメリットがあります。

琉球銀行のメリット

  • 沖縄銀行の窓口は15時までですが、琉球銀行の窓口は16時まで営業しています。
  • ネットバンキングの使い勝手が良く、スマホにも対応していることから見やすいです。
  • 琉球銀行はポイントサービスを行なっており、ポイントによってATM時間外や手数料が無料になります。
  • 琉球銀行は県外のコンビニATMでも使用することが可能です。

などなど、平日働いている方やメイン口座として使用したい方、また頻繁に沖縄と本州を行き来する方におすすめです。沖縄の地銀の中では最もメガバンクに近いメリットを受けることが出来ます。

お金

沖縄銀行のメリット

  • 長期や高額の借り入れが出来るので、ゆっくりのんびり支払いが出来ます。
  • お得倶楽部に入会すると夜間のATM利用料がタダになります。
  • 窓口での振込処理が県内ナンバーワンのスピードです。
  • 沖縄に本社のある多くの会社が沖縄銀行を使用しているため、就職先によっては給与の支払いは沖縄銀行のみとなっています。ガス代の引き落としが沖縄銀行だけ!ということも多々あるので、生活で使う分にはかなり便利です。
  • 窓口での接客レベルは沖銀の評判が断然良いです。

会社(給与)は沖銀で、プライベート用は琉銀と使い分けている方が多くいます。ATMや窓口の混み具合が琉銀の方がひどく、待ち時間も少なく接客レベルも高いのが沖銀のメリットです。駐車場が利用しづらい、支店の場所が分かりづらいという意見もあるようですが、口座さえ開設してしまえば後はネットバンキングで対応出来るので、そこはあまり関係ないかもしれません。

沖縄海邦銀行のメリット

  • 利用している人が少ないので、窓口・ATM共に待ち時間なく利用できます。
  • 琉銀と沖銀を追い上げようとしている最中なので、キャンペーンを多く行なっています。
  • ATMの利用にキャッシュカードは必須ではなく、通帳と暗証番号のみで利用することが出来ます。

沖縄海邦銀行の最大のメリットは「利用している人が少ないから待ち時間がない。」ことですね。社会人にとっては平日の15時までの窓口で手続きをする場合、とにかく早く終わってほしいのが本音。そんな時にいつも激混みの琉銀ではイライラしてしまいますし、駐車場が分かりづらい沖銀では時間を無駄にする可能性があります。

沖縄海邦銀行は支店こそ少ないものの、使いたい時に時間を掛けずにささっと利用することが出来ます。また追い上げのためにキャンペーンをたくさん行なっているので、これだ!と思うキャンペーンをやっている時に口座を開設しに行くのがおすすめです。

沖縄にはメガバンクがありません。え?と思う方もいるかもしれませんが、支店もありません。みずほ銀行だけは宝くじ売り場の関係で、那覇に支店があります。口座開設も出来ますが、給与の受け取りや引き落としで使用出来ない場合が多く、沖縄での生活にはあまりおすすめ出来ません。

銀行

また琉銀・沖銀・海銀は沖縄県内に住民登録している方か、沖縄県内に就職している方しか口座を開設することが出来ません。これはみずほ銀行の那覇支店も同じなので、移住して転入届を出してから口座を開設してください。

このご時世なので、給与の支払いも引き落としも全国の銀行に対応してよ…と云うのが正直なところかもしれませんが、閉鎖的な雰囲気があるのもまた沖縄の特徴です。各銀行キャンペーン等を頻繁に行っていますので、事前に調べてタイミングを合わせて行くのがおすすめ。

沖縄の銀行を賢く使って、便利に暮らしましょう!