沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄の音色「三線」を習おう!

三線

沖縄の民謡は主に三線をベースに作曲されています。その音色は聞くだけで沖縄を思わせ、沖縄出身の歌手やバンドもよく使用している楽器です。せっかく沖縄に移住したのだから、ぜひ三線を習って沖縄をより身近に感じましょう!

三線の正式名称は「沖縄三線」と言います。ギターやウクレレと同じ弦楽器で撥弦楽器に分類されています。沖縄の民謡だけでなく、今はポップスや奄美民謡などにも使用されています。

三線

沖縄三線は弦が3本なのが特徴で、ギターやウクレレに比べると比較的覚えやすいといわれています。何曲も演奏できるようになるまでには練習が必要ですが、沖縄のおじいやおばあは弾ける人も多いので、ご近所の方に教えてもらうのもいいかもしれません。

三線は色々な素材で作られており、モノによってピンキリの価格設定になっています。

三線

希少性の高い1部の職人にしか作れない「本張り三線」

本張り三線は本皮1枚で作られた大変希少な、市場に出回ることもほとんどない最高級の三線です。三線の中でも音色にこだわる人や工芸品として興味のある人におすすめです。

注意点としては、本皮1枚張りなので強化三線よりも破れやすく、外に持ち出したい人には向いていません。価格は職人さんにもよりますが5万円~15万円が相場で、中には30万円を超えるものも…。

長く使いたい人におすすめ「強化張り三線」

強化張り三線は皮を二重に張った三線で、本張り三線に比べるとグレードはやや落ちますが、その分強度があり長く愛用したい方にはぴったりです。本皮がいいけど値段は手頃なものが…という人は強化張り三線がおすすめで、価格は3万円~7万円が平均です。

三線の中でも1番人気の「人工皮三線」

本張り三線と強化張り三線は本皮で出来ているので、定期的に皮の手入れをする必要があります。初めて三線を買う場合はハマる分からない…という不安もあると思うのですが、人工皮三線なら皮のお手入れも必要なく、且つ手ごろな価格でキレイな音色を出せると初心者の方には大人気です。

人工皮のグレードは2種類あり、少しでも良い音色で長く楽しみたい方にはハイグレード版がおすすめ。平均価格は2万円~3万円ほどです。

その他にも女性用に少し小さめの「姫三線」や木で出来た「ウッド三線」など、様々な種類があります。価格も数千円からあるので、自分に合っている三線を選びましょう!

沖縄本島の三線教室をご紹介致します。今回は南部・中部・北部に分けてご紹介致しますが、体験教室などに行ってみて自分に合った先生や雰囲気を選ぶのがベストです。

沖縄県那覇市の「親泊美代子 三線教室」

三線の先生を30年以上勤めている親泊美代子さんが自宅でやっている教室で、アットホームで親切なのがこの教室のおすすめポイントです。沖縄三線は唄三線とも呼ばれるほど唄も大切なポイントになってきますが、この三線教室では味のある唄い方も教えてもらうことが出来ます。

ゆっくりのんびり覚えたい人にはおすすめの教室です!

  • 住所:縄県那覇市字古波蔵1-14-26 コーポ親泊Ⅱ101号室
  • 電話番号:090-5927-2203
  • メールアドレス:osamu-1@basil.ocn.ne.jp

沖縄県宜野湾市の「三線教室 沖縄 Ken`s Music School」

沖縄県宜野湾市のこの教室は、完全マンツーマンの個人レッスンをしてくれます。対象年齢は5歳からで、ブログを見ると小さなお子さんも通っているようです。

三線の他にもウクレレ・ギター・ベースにドラムなど様々な楽器を習うことが出来ます。マンツーマン制といっても2人同時にレッスンを受けることも出来るので、初めの一歩が出ない…という方はぜひお友達やお子様と行ってみてください。

  • 住所:沖縄県宜野湾市大山2-21-5 サニーパートナー宜野湾4階
  • 電話番号:090-8293-4990
  • メールアドレス:g.love-funkjazz0327@i.softbank.jp

沖縄県名護市の「島袋昌也民謡(三線)教室」

沖縄県名護市にある島袋昌也先生の教室では、毎年行われている三線(民謡)のコンクールで何人もの入賞者を輩出しています。北部に住んでいる人でないと通うのは難しいと思いますが、北部に住んでいる人はぜひ体験教室に行ってみてください。

期間を決めて授業をしたり、1曲だけ、なんて方も親切にサポートしてくださるので1度ご連絡してみるのがおすすめです!

  • 住所:沖縄県名護市為又209−15
  • 電話番号:090-3795-5977

三線の音色には不思議な力があり、聞いていると心が穏やかになっていきます。たった1曲弾けるだけでも地元の友達が遊びに来たときには喜ばれると思うので、ぜひ三線と民謡を覚えて楽しい時間を過ごしましょう!