沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄の大学で学食の旅をしよう!

大学

沖縄には国立大学や国際大学など、たくさんの大学があります。何度も沖縄に来ている人や移住した人にとっては、大学の食堂で食べる学食の旅はなかなか新鮮なものになるのではないでしょうか?そこで今回は大学とおすすめのメニューをご紹介します!

大学の学食は学校にもよりますが、自由に誰でもご飯を食べれる場所が多いです。主婦の方や学食巡りをしている人など、中にはボリュームがあって価格がお財布に優しいことから何度も利用している人もいます。

そもそも大学には年齢関係なくたくさんの生徒さんがいるので、知らない人がいて当たり前です。なので、沖縄リピーターさんや移住してきた方には新鮮な空気が味わえると思います。

沖縄県内の大学では1番有名な大学かもしれません。「琉大(りゅうだい)」と呼ばれ、宜野湾市・西原町・中城村にまたがった広大な敷地には約8000人の生徒が通っています。

そんな琉球大学には2箇所、学食があります。1つは「中央食堂」もう1つは「北食」と呼ばれる「北食堂」です。

中央食堂は広く明るく、大学の食堂とは思えない雰囲気です。小鉢に盛られたおかずは好きなものを自由に取るセルフサービス制で、食べ終わったものを下げるのもセルフサービスです。

ライスは小盛り90円・味噌汁は30円とお財布に優しく、そして食べ盛りの学生を満足させるだけのボリュームがあります。小鉢は100円から300円まであり、定番のカレーやハンバーグに加えてヘルシーなおかずもたくさん用意されています。

カレー 中央食堂
  • 休業日:日・祝日
  • 朝食:7:50~10:00
  • カフェテリア:11:00~19:30
  • 麺コーナー:10:00~19;30
北食堂
  • 休業日:土・日・祝日
  • 食堂:10:00~19:30

沖縄県那覇市にある沖縄女子短期大学は、学校名に女子とついていますが現在は共学の大学になっています。学食はないものの、1階のラウンジでおばちゃん手作りのご飯を買うことが出来ます。

お昼のピーク時は学生が押し寄せる中に座ることも出来ないので、それ以外の時間に行くのがおすすめです。パック詰めされた大盛りのお弁当やタコライスは、これでもか!というほど盛り付けされており、メニューは日替わりで楽しむことが出来ます。

明るく愉快なおばちゃんと会話を楽しめば、更に沖縄を感じること間違いなし!利便性もいいので行ってみる価値ありです!

  • ラウンジ 平日(土日祝日休み)
  • 営業時間 9:00~17:00

2002年に第一期生が入学した沖縄科学技術大学院大学は、超近代的な学校の造りで見て歩いているだけでワクワクしてしまいます。世界中からエリート学生が集まっているようで、構内の表記は英語が基本でおまけ程度に日本語表記がなされています。

そんな沖縄科学技術大学院大学にある学食は超おしゃれなカフェテリアです。世界中の学生に対応するためお肉を使わないメニューがあったり、オーガニックにこだわったりと東京にあるような本当におしゃれなカフェ。パンやお惣菜だけを購入することも出来るので、ふらふらっと行ってみるのもおすすめです。

  • カフェテリアカイト(定休日):土日・年末年始
  • 営業時間:9:00~17:00

沖縄には全部で9校の大学があり、今回紹介した3校に加えて

  • 沖縄国際大学
  • 沖縄大学
  • 沖縄県立芸術大学
  • 名桜大学
  • 沖縄キリスト教学院大学
  • 沖縄県立看護大学

上記の6校があります。学校によって特色やメニューが変わり、雰囲気も全く違うので懐かしい味のカレーを求めて学食をはしごするのも楽しそうです。

アメリカンなカフェテリアやタコライスなどのメニューは沖縄独特のものなので、SNS映えも良さそうです。沖縄が大好きで何度も来ている人にとっては新鮮な空気を感じられる場所なので、ぜひぜひ足を運んでみてください!