沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄産おすすめ調味料はこれ!!

お土産

今回は沖縄産のおすすめの調味料を紹介したいと思います。アナタは沖縄産のオリジナル調味料をいくつ知っているでしょうか??「どの料理に使用するのか?」や「意外な使い方」なども一緒にご説明していきますね!!

沖縄の方言で命を「ぬち」塩を「まーす」と言いそれを組み合わせてぬちまーすという名前になりました。沖縄の中部うるま市にある宮城島にぬちまーす工場があり、工場の目の前にある大自然の海水だけを原料としており、固結防止剤などの添加物は一切使用していない沖縄産の天然塩となっています。週に1度海水が蒸発して残った塩を手作業で収穫し手作業で、1つ1つ丁寧に安心安全な良質なぬちまーすを作っています。こちらは事前予約しなくても工場見学できるので、気楽に楽しめると思います。レストランもあり、塩ソフトクリームは絶対食べて欲しいです!

このぬちまーすは市販で売られている普通の塩と比べると笑っちゃうくらい違うので、1度このぬちまーすを使うと抜けられない魔法の白い粉です(笑)少しお高いですが私もリピートしています。

個人的にはシンプルに塩おにぎりがおすすめですね。ステーキにも合いますし、ポテトフライでもとても美味しいです。煮込み料理の下味に使用すると上品な味になりますよ。

コーレーグースは沖縄の方言で唐辛子全般の事を意味するそうです。そしてコーレーグースは島唐辛子を泡盛で漬けた沖縄調味料です。まず最初に辛いのが好きな方、そして泡盛のアノ独特な匂いが大丈夫な方はコーレーグース大好きでしょう!正直に言うと私は少し苦手です。

コーレーグースは沖縄そばの為に作られた調味料と言っても良いと思いますが、沖縄そば以外にもうちなーんちゅはコーレーグースをかけます。お刺身を食べる時に酢味噌とコーレーグースを混ぜる食べ方。ゴーヤチャンプルーや豆腐チャンプルーなど炒め物にぐるりと1周かける食べ方。そして、汁物ならなんにでもかける人もいたりと結構中毒性の高い沖縄調味料となっています。

自分のお気に入りの泡盛と、自分で育てた島唐辛子でオリジナルコーレーグースを作る事も出来るのでアナタも自分のコーレーグースを作ってみてはいかがでしょうか?

この、ヒバーチという調味料の名前聞いた事あるでしょうか??沖縄調味料となっていますが、うちなーんちゅも見た事使ったことの無い人も多いと思いますね。その理由に、このヒバーチは日本では沖縄でしか育つことのできない香辛料で、主に東南アジアでの栽培が主流だそうです。

そして沖縄本島ではなく、もっと温かい気候の八重山諸島の石垣島で栽培されています。島コショウと呼ばれているのですがコショウよりもブラックペッパーの香りに近く、それに加えて少しシナモンような香りがブレンドされたような沖縄調味料となっています。

八重山そばに使用されるのが多いヒバーチですが、肉料理の臭い消しやスープに使うのがおすすめです。コショウと比べると辛みも少なく、スパイス独特の苦みも少ないので余計な味を加える事無く風味だけをプラスして、その料理の邪魔をせず味を引き立たせるので「究極のスパイス」とも呼ばれています。

お家で作ったタコライスやハンバーグに加えるとお店の味になるのでぜひお試しして欲しいですね。

今回は沖縄産おすすめ調味料を紹介させて頂きましたがいかがでしたか??ぬちまーすとヒバーチで下味をつけたお肉料理は凄く美味しいので、BBQの時などに持っていくと人気物になれるかもしれません。そして沖縄お土産としても喜ばれるので、お土産候補にもいかがですか?