沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

あまり知られていない沖縄オリジナルお菓子いくつ知っていますか??

タンナファクルー

今回は沖縄のオリジナルお菓子を紹介したいと思います。地元うちなーんちゅからすると、え?このお菓子こんなに美味しいのに沖縄だけなの?と驚く方もいます。紹介させて頂くお菓子は、すっかり有名な「ちんすこう」や「サーターアンダギー」のようなメジャーお菓子ではありませんのでこれからの沖縄土産の候補になると思います。

最初のお菓子は、名前を聞くだけでは想像もできない。そして文字に書き落とす事も難しいと言われる(笑)「タンナファクルー」を紹介させて頂きます。この不思議な名前のお菓子は、黒糖、卵、小麦粉で作ったシンプルで昔懐かしい味がします。

サーターアンダギーにも負けない、口に入れた瞬間に口の水分が全て持っていかれるアノ現象になりますが、お茶との相性抜群です。小学校の給食に出されるくらい沖縄では馴染みのあるお菓子となっています。

ひとつひとつ丁寧な手作りが自慢で、フワフワでしっとりした食感が楽しめます。この不思議な名前の由来に「タンナ」⇒「タマナハ」で「ファクルー」⇒「肌の色が黒い」とこのお菓子を作った玉那覇さんが色が黒かった事からこのような名前になったそうです。食べる時に自分の肌の色とタンナファクルーの色を比べてみてはいかがでしょうか??

「アンダーカシー」このお菓子を聞いた事ありますか?アンダーカシーはお菓子感覚で食べるのですが、これは本当にお酒と合います!それもオリオンビールとならもっと最高です。アンダーカシーとは?「豚の背脂や三枚肉を熟して揚げた物」です。脂を油で揚げるとちょっと難しいかもしれませんね(笑)食感はパリパリ、サクサクで噛めば噛むほど豚の旨みが味わえます。

保存料や添加物など一切使用していないので安心安全に食べれるのですが、やっぱり脂なので食べ過ぎると胸やけしますので気を付けて下さいね。そのままスナック菓子としても、煮物や炒め物にアクセントとして少し加える方もいるようです。少し独特な匂いがしますがそれもクセになる美味しさの秘密となっています。

沖縄で、もしかしたら日本で1番固いお菓子かもしれません。「いちゃガリガリ」は細いイカに小麦粉の衣でカラッと揚げたシンプルなお菓子です。気になるお味は?最初は味の事が気にならないくらいその固さに衝撃を受ける事でしょう。少し噛めるコツみたいなのがありますので、噛めるようになるとほんのりイカの味?風味?がしてきます。素材もイカと小麦粉だけなのですが1本食べるともう1本、そして気付いたらもう1本とやめられなくなります。

こちらも子供から大人まで幅広い年齢に人気のあるお菓子で、お父さんはこれをおつまみにするそうです。思い切り噛んでしまうと歯が折れたなんてケースもあるので注意が必要ですね。

この「塩せんべい」は良く知られているのではないでしょうか?そのままのシンプルな塩味でももちろん美味しいですが、小さい頃はこの塩せんべいにチョコレートのジャムを付けて食べました。甘じょっぱい「塩キャラメル」や「塩ソフトクリーム」などが流行る前からやっていたので先駆けかもしれませんね。沖縄は気候のせいか甘じょっぱいのが好まれる傾向があります。

食感はパリパリとふわふわの軽いおせんべいなので何枚でも食べれます!本土の塩せんべいとは厚みが全然違うので初めて見るとビックリするかもしれません。

今回は沖縄のオリジナルお菓子を紹介させて頂きました。「アンダーカシー」や「いちゃガリガリ」は子供のおやつ、そして大人のおつまみにもなるので家族みんなでたのしめるお菓子となっています。アナタが知らないお菓子をひとつでも紹介できたなら嬉しいです!