沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄おすすめ汁物は??

中身汁

沖縄には「シルジョーグー」汁物好きという方言があるくらい汁文化があります。汁物といっても沖縄の汁物は具沢山で、汁なのに白米片手のおかずにもなります(笑)今回はそんな沖縄おすすめ汁物を紹介したいと思います!!

この名前の通り、イカスミで作る真っ黒で濃厚な汁物となっています。シルイチャー(アオリイカ)と、薄切りの豚肉とンジャナバー(ニガナの葉)のみのシンプルな汁物となっています。かつお出汁に塩で味を調え、材料を煮込み最後にイカスミを加える。ぷりぷりのイカの歯ごたえが最高で、食べるのに夢中になると最後にはお歯黒になってるというオチも準備されている汁物です。

作り方はそれぞれの家庭で違い、あじくーたー(濃い味が好き)は味噌を少し加えて、濃いめに作るようですね。イカスミパスタやパエリアなどは食べた事あると思いますが、ほっと温まる美味しいイカスミ汁いかがでしょうか??

うちなーんちゅは骨も食べる、ワケではありません(笑)名前のインパクト強すぎですよね?骨汁は、沖縄そばなど出汁を取るための骨付き肉をもう1回野菜と一緒に煮込んだ汁物です。出汁を取った骨を「具」にしてしまう。なんとも不思議で沖縄らしい一品となっています。

それに、骨汁を注文すると骨汁と白米、漬物、味噌汁がセットで運ばれます。骨汁頼んで味噌汁も付いてくる骨汁が完全におかず扱いなのです。見た目は結構ワイルドですが、お出汁は意外とあっさりしているので女性の方でも全然大丈夫です。

骨に豚肉が付いているので、周囲を気にしないで手掴みで食べながら白米を食べるのがうちなーんちゅスタイルとなっています。具は骨以外にレタス、ニンジン、豆腐と店によって全然違いますがおろし生姜たっぷり入れて食べるのがおすすめですね!食堂で食べる事ができますが、1日に限りがあるので売り切れの場合もあるので注意が必要です。

いなむどぅち食べた事ありますでしょうか?正直名前だけ聞いても想像するのが難しい沖縄料理のひとつだと思います(笑)その名前のいなむどぅちは「いな」=いのしし、「むどぅち」=もどきという意味で昔はイノシシの肉で作られていた汁物だったそうです。現在では豚肉で作られます。

カツオ出汁と甘めの白みそを使い具材に豚肉とかまぼこ、しいたけとコンニャクが使われる具だくさんの汁物です。お祝いの席で出される沖縄郷土料理で、甘い白みそが理由で好き嫌いが結構ハッキリ分かれると思います。隠し味にピーナッツバターを加えると深みとコクが出るらしいです。

沖縄の汁物でナンバーワン人気と言っても良いでしょう!中身汁が食べれない人を見た事がありません。中身とはとてもストレートな言い方なのですが(笑)豚の内臓です。(豚の中身という事らしいです。)本土の人に説明する時には「モツ」と説明するのがわかりやすいかと思いますね。

カツオ、乾燥シイタケ、豚と3つの出汁を合わせたすまし汁となっています。モツと言っても臭みは全く無く、ぷりぷりの歯ごたえと噛めば噛むほどお出汁の味がしてこちらも白米が進みます。

薬味としておろし生姜なのか、きざみ生姜なのか?それともどちらも入れるのかは好みとなっています!中身汁はそのままでも美味しく頂けますが、沖縄そばの上にトッピングした「中身そば」もこれまた人気があるのでぜひどうぞ!沖縄そばの麺を茹でて、レトルトの中身汁を温めると中身ソバの出来上がりです。簡単なので私も時々この方法で中身ソバを頂いています。


今回は沖縄おすすめ汁物を紹介させて頂きました。どれも家庭の味ですが、家で作るとなると手間が多少かかってしまいます。食堂などで食べる事もできますし、最近ではレトルトもあるのでいつでも食べたいタイミングで食べれるのが嬉しいポイントとなっています。