沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄で食べられる珍しい肉料理を紹介!

ヤギ

今回は沖縄で食べられる珍しい肉料理を紹介したいと思います。沖縄では昔から「豚は鳴き声以外は全部食べられる」と言われており、初めて聞くと少しビックリしてしまうような言い伝えがあります。そして沖縄ではお酒を飲むとシメにステーキを食べるのも有名になってきました。そんなお肉大好きなうちなーんちゅは、豚肉、牛肉、鶏肉以外の肉料理も好きなのです!!

最初はアヒル料理を紹介させて頂きます。え?アヒル食べるの?と驚くかもしれませんが北京ダックはアヒルです。だからと言ってうちなーんちゅも北京ダックを食べるという事ではありません(笑)「アヒル汁」が1番多く食べられています。ぶつ切りにしたアヒル肉と、大根、人参、昆布が一緒に煮込まれていて少しおでんに似た感じです。

気になる味は?というとあっさりしたお出汁で、アヒル肉はそんなにクセも無くほとんどの方は食られると思います。途中からおろし生姜で少し味を変えるのもおすすめします。

そして沖縄ではアヒル汁は薬膳料理と言われています。東洋医学でアヒル肉を食べるとむくみの解消や利尿効果があるのと、沖縄では風邪や喘息に良いと言われているようです。中部の沖縄市仲宗根町に名前からインパクトのある「アヒル亭」という沖縄郷土料理店で頂く事ができます。心配しないで下さい、アヒル料理以外も楽しめますよ!

有名な沖縄料理のひとつでもあるヤギ料理は、うちなーんちゅでも好き嫌いがハッキリ分かれます。その独特なクセと獣臭で食べた次の日には身体からほんのりヤギの匂いがするそうです(笑)

栄養豊富なヤギ料理は「ヤギグスイ(山羊薬)」とも言われていますが、高血圧の方は注意が必要なので気を付けて下さい。

ヤギ汁

骨ごとぶつ切りのヤギ肉をじっくり煮込んで、お肉がホロホロで意外にもヤギ肉にはあまりクセはありません。クセがあるのはスープの方で、スープの味は濃厚でしっかりコクのあるあっさり塩味となっています。少し脂っぽいですがこれがヒージャー(ヤギ)の醍醐味です。フーチバー(よもぎ)やおろし生姜、塩、などで味を変えたりヤギ汁好きにはそれぞれのオリジナル味付けがあります。

飲み終わりのシメに「はい!ヒージャー行くよー!」と最後の最後にヤギ汁を求めるのは、多分うちなーんちゅくらいでしょう。

ヤギの刺身

ヤギ汁が苦手な方でもヤギの刺身なら大丈夫かもしれません!新鮮なヤギの刺身は本当に美味しいですよ。新鮮なのは臭みやクセが少なくて、ヒージャーがあまり得意ではない私も食べれます。見た目は赤身で食感はコリコリしていて生姜醤油で食べます。お好みでニンニクを加えるのもおすすめです。

そして刺身でも「ヤギのキンタマの刺身」がある場合はかなりレアなのでぜひチャレンジして欲しいと思います。見た目は白っぽい薄いピンク色で味は白子っぽいと伝えるのが近いかもしれませんが、食べてみてのお楽しみにして下さい。キンタマだけに滋養強壮に良いらしいです(笑)

他の都道府県でも食べるようですが、びっくりしませんか?イルカって結構衝撃受けますよね?沖縄では方言で「ヒートゥー」と言います。沖縄の食堂で「ヒートゥー定食」と書かれていてイルカと分からずに注文して驚いたエピソードを聞いた事があります。

私は食べた事ありませんが、クジラ肉に近いようです。にんにく炒めや竜田揚げ、ステーキなど調理法はお魚と似ていますね。沖縄でも北部の方でしか見かける事が無いですし、うちなーんちゅでも食べた事のある人は少ないと思います。北部名護市のレストラン、居酒屋、定食屋などで食べる事ができます。

今回は沖縄で食べられる珍しい肉料理を紹介させて頂きました。聞いた事や実際食べた事のある肉料理はあったでしょうか??新築祝いにアヒル汁やヤギ汁を出す沖縄の独特な文化に驚く方もいますが、特にヤギ好きにうちなーんちゅは優しくなります。

沖縄で食べられている珍しいお肉の紹介どうでしたか?ヤギやイルカにアヒルといった料理は沖縄の中でも特定の地域や場所で食べられているもので、沖縄県民みんなが日常的に食べているものではありません。しかし、沖縄本島から離れ、離島に行けばヤギなどはよりメジャーな食材となる傾向にあります。興味のあるお肉があれば是非探して食べてみて下さい♪