沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄で作られている泡盛じゃないお酒とは?

お酒

沖縄のお酒といえば泡盛のイメージが強く、プレゼントやお土産などでも泡盛が人気があります。あまり知られていないのですが、沖縄で作られているお酒は泡盛の他にも沖縄県産フルーツで作られたワイン、黒糖梅酒や、日本酒などあります。特に珍しいのが沖縄で作られた日本酒だと思います。沖縄でフルーツワインや日本酒を作っている事ご存じでしたか?

今回は沖縄で作られているあまり知られてないお酒を紹介したいと思います。

みなさんはウチナーファームをご存知でしょうか?ウチナーファームは「食べる」「ふれあう」「あそぶ」を基本に運営している糸満市の観光農園です。

ウチナーファームでは沖縄の南国果実を使ったフルーツワインを生産しているのですが、JAPAN WINE CHALLENGEのフルーツワイン部門にて「マンゴーワイン」と「シークヮーサーワイン」が最高賞を受賞した実力ある農園なのです。そんなウチナーファームのフルーツワインをご紹介したいと思います。

シークヮーサーワイン

沖縄で柑橘類といえばシークヮーサーです!ワインの渋みが少なく、シークヮーサーの酸味が良いアクセントになっていて後味もさっぱり爽やかな「シークワーサーワイン」です。こちらの商品は、JAPAN WINE CHALLENGE 2016のフルーツワイン部門にて世界最高金賞を受賞。

アセロラワイン

アセロラワインはビタミンCを多く含んだ色鮮やかなワインでアセロラの甘酸っぱさを残したワインとなっています。

パッションフルーツワイン

少し意外なパッションフルーツをワインにしたのが「パッションフルーツワイン」です。パッションフルーツの甘い香りと甘さが、意外にもワインとの相性がピッタリです。

マンゴーワイン

1番人気のフルーツワインは、高級なフルーツとしても人気のあるマンゴーで作られた「マンゴーワイン」です。マンゴーの甘さそのままで、味はジュースに近く飲みすぎには注意が必要です。飲みやすく女性人気もあるので、お土産には「マンゴーワイン」オススメします!

梅は南高梅を使いますが、沖縄の黒糖と味わい深い泡盛を掛け合わせて作られた「黒糖泡盛梅酒」を紹介します。

梅酒と黒糖を合わせた梅酒は日本各地様々な酒造で作られていますが、沖縄の黒糖を使う事で甘さが凄く上品な甘さになります。私自身、泡盛のクセが少し邪魔してしまうんじゃないか?と思いましたが、梅のすっぱさと黒糖の甘さを泡盛がしっかり味を引き締める役割をしているので驚きました。

梅酒といっても甘すぎず大人の味わいが楽しめる「黒糖泡盛梅酒」ロックで飲むのをオススメします。

沖縄で唯一の日本酒=日本最南端の日本酒となります。うちなーんちゅでも沖縄で日本酒が作られている事を知らない人も多いと思うのでぜひ!紹介したいと思います。

沖縄中部にある、うるま市の泰石酒造で作られている日本酒が「黎明」です。寒い冬に仕込みを始める日本酒作りに沖縄の暖かい気候はあまり向いていないのですが、発想を逆に考えた泰石酒造の方はその環境さえ作れば沖縄でも美味しい日本酒が作れると思ったのです!日本酒作りの環境をしっかり整え毎年変わらない伝統を継承しています。種類も、本醸造、純米吟醸、清酒本醸造としっかり豊富で、味もしっかりとコクのある辛口で日本酒好きの私も大満足でした。

製造に本数があるようでめったにお目にかかれないレア日本酒なので、沖縄の日本酒はお土産にもプレゼントにも喜ばれる事間違いありません!


沖縄で作られている意外なお酒はどうでしたか?沖縄の強い日差しを浴びながら元気に育ったフルーツの甘さを活かした「沖縄フルーツワイン」沖縄黒糖と泡盛を使い、香料、保存料、着色料が一切入っていない自然な風味の美味しさが味わえる「沖縄黒糖泡盛梅酒」。

沖縄唯一の本格派日本酒の「黎明」と3つのお酒を紹介させて頂きました。ひとつでも気になってくれるお酒があれば嬉しいです。