沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

琉球海炎祭行きませんか??

琉球海炎祭

毎年開催されて今回でなんと15回を迎える「琉球海炎祭」、日本で一番早い花火大会なのをご存知でしょうか?世界的に有名なデザイナー、コシノジュンコ氏がデザインしたアート花火や、音楽など見て聞いて楽しめる演出で今年も期待しています。今回は琉球海炎祭について紹介させて頂きます!!

琉球海炎祭2018

今年の琉球海炎祭2018は4月14日(土)に開催を予定しています。日本で一番早い大花火大会で、10,000発の綺麗な花火と音楽のコラボレーションが楽しめる内容となっています。

今回は15回目の記念企画として、沖縄県石垣島出身のアーティスト夏川りみさんのコンサートが行われるのも嬉しいポイントです。花火会場から徒歩1分の距離にコンサート会場があり、花火開演前にコンサートがありますのでみんなで一緒に盛り上がりませんか?コンサート終了後に花火が上がり始まり、こちらでも夏川りみさんの曲に合わせて花火が打ちあがる演出も楽しみにして欲しい所ですね。コンサートは17:00~18:30に沖縄コンベンションセンター内劇場棟で開催されます。

見所は??

スターマインなどの花火を含め約1時間くらい花火が楽しめます。花火全てに花火イリュージョンという展開が組み込まれ日本でも有数の規模とも言われていて、みなさんが知っている楽曲をメインに誰でも踊りだしたくなるような構成となっています。大きな花火を見て、ノリの良い音楽を聴いて、会場の雰囲気を体いっぱいに感じて楽しめる事まちがいありません!!

クライマックスに近づくと、花火と音楽のペースも上がり最高潮の盛り上がりで締めくくります。ダイナミックな花火ショーは素晴らしい思い出になることでしょう。

アクセス

那覇空港から車で約40分。バスだと那覇バスターミナルより約40分宜野湾球場前下車徒歩5分で会場に到着します。駐車場には限りがありますのでできるだけバスやタクシーなどの公共交通機関を利用されるのをおすすめします。せっかくの楽しい時間が駐車場探しに時間を費やされるのは避けましょうね!

  • 開催場所:宜野湾海浜公園(宜野湾トロピカルビーチ)宜野湾市真志喜4-2-1
  • 【開場】15:30 【開演】:19:30(雨天決行。荒天時は翌日4月15日に順延予定)

持込禁止物

テントやイス、クーラーボックスなどの持ち込みは禁止です。会場に飲食店が準備されているので、そちら以外で購入した飲食物も禁止されています。決められたルールを守りみなさんで楽しい時間を作りましょう。

持っておくと便利な物

  • カッパ(レインコート)雨天決行となっているので各自で持っておいた方がいいですね。傘の持ち込みは禁止されているので気を付けましょう。(傘は他のお客様の視線を遮る場合や、強風で傘が風で飛ばされる危険性がある為)
  • 敷物(座る所に敷く物)決められた指定席以外は基本的にイスの準備はありません。砂浜や芝生の上で座って観覧することになりますので準備が必要です。大型のブルーシートなど、周囲に迷惑がかからないように注意して下さい。
  • メガネ(ゴーグル)花火打ち上げの際に、花火の燃えカスが降ってくる場合がありますのでメガネやゴーグルで燃えカスが目に入らないようにしましょう。(お子様連れの方はお子様にも注意して下さいね)

チケットはどこで買えるの??

チケットの購入は全国のファミリーマートにあるファミポートから購入することができます。毎年台湾からの観光ツアーが組まれて、今年も多くのツアー客がこられると予想されますので早めのチケット購入をおすすめします。

今回は4月14日(土)に開催される「琉球海炎祭」について紹介させて頂きました。4月の沖縄はもうすっかり夏気分です!日本一早い花火大会でみなさん一緒に盛り上がりませんか?花火を見ながらのオリオンビールはいつもより美味しいですよ!