沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄の花まつりに行きませんか??

つつじ

1月の下旬から沖縄では一足早い「桜まつり」を楽しむことができます。それは以前に紹介させて頂きました。その桜まつりが終える時期から沖縄の色々な所で「花まつり」が開催されます。どんな花まつりがあるのか?祭りの見所も一緒に紹介したいと思います。

沖縄の北部、東村で行われる「つつじ祭り」を紹介させて頂きます。東村は昔からつつじの名所で日本で1番開花が早いと言われています。つつじ園では約5万本もの綺麗なつつじが楽しめます。このつつじ祭りが、やんばるの森に春が訪れた事を知らせてくれるようなお祭りとして定着しています。

毎年恒例の西原マーチングバンド部によるマーチングショーは、何度も日本一や世界一を獲得した名門マーチングバンドなので、迫力満点の世界基準の演奏は絶対に感動すること間違いなしです!もうひつの見所は、夜間のライトアップです。毎年3日間限定で、光り輝くライトアップされたつつじは昼とは違う雰囲気で夜の音楽ライブもあり、和太鼓などこちらも昼のマーチングとは違った楽しみ方ができることでしょう。

  • 開催日:3月2日(金)~3月21日(水・祝)
  • 開催地:沖縄県国頭郡東村字平良861-1  村民の森つつじ園
  • 開催時間:10:00~18:00
  • 入場料:高校生以上¥300(中学生以下は無料)
  • 駐車場:約450台(無料)

気になるライトアップは2018年は2日限定で、3月10日(土)と3月17日(土)で、ライトアップの時間は18:00~21:00までとなっています。

中部にある北中城で行われる「第10回ひまわり祭り」を紹介させて頂きます。

こちらはしっかりとしたお祭りとはちょっと違う花のイベントのような感じです。北中城村で2009年から行われているイベントで、毎年数万人の見物客が訪れます。お祭りじゃないとは?と思う方もいらっしゃると思いますが、最初は遊休農地の解消にひまわりを植えて肥料にしようと植えたのがスタートであまりにも綺麗で満開のひまわりが沢山育った為、まさかのちょっとした観光スポットに変わってしまったのです(笑)なんとも沖縄らしいエピソードだと思いませんか?

今では、ちょっとした地元農産物や特産品の売店があったりと年々大きくなってきている印象ですね。沖縄の花と聞けばハイビスカスがイメージされるのも多いと思いますが、ひまわりも結構人気の花となっています。

  • 開催日:2月下旬~3月上旬の予定
  • 開催地:北中城村字熱田2070-16

こちらは離島になりますが伊江島で行われる「第23回ゆり祭り」を紹介させて頂きます。伊江島の海岸にあるリリーフィールド公園で開催される日本一早いゆり祭りとなっています。真っ白なテッポウユリを始め、なんと100種類以上の品種のユリが咲き誇ります。海岸沿いにある公園なので、目の前には綺麗な海が広がり、香り高いユリとの不思議な雰囲気を感じることができると思います。飲食や物販テナントで伊江島ならではのグルメやお土産も楽しめます。

離島なので、伊江島に行くにはフェリーに乗ったりと少し時間がかかってしまいますが、100万本以上のユリを楽しめるのはここ伊江島ならではじゃないでしょうか?素晴らしい景色で感動することをお約束します!このゆり祭り期間中はフェリーの本数も多いので事前チェックして行くのをおすすめします。

  • 開催日:4月22日(日)~5月6日(日)
  • 開催地:〒905-0501 沖縄県国頭郡 伊江村東江上 リリーフィールド公園

皆さんは、桜まつりは行かれたでしょうか?残念ながら、桜を見れなかった方には他の花で沖縄を感じて欲しいですね。

今回は沖縄の花まつりを紹介させて頂きました。どのお祭りもこれからなので、ぜひ足を運んで頂きたいと思います。それに沖縄ならではの暖かい気候が理由で、満開がどこよりも早いのです。