沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

コミコン沖縄に行ってきた!!

コミコン

今回は「コミコン 沖縄2017」の会場の雰囲気を伝えたいと思います。今年はゲストも豪華で、去年に比べて会場が大きくなっていたりとこれから米軍基地のイベントでさらに有名なビッグイベントに進化していくのを感じました。

コミコンとはコミックマーケットの略称で、映画、アニメ、ゲーム、漫画などが販売される場所の事です。それが沖縄中部の北谷町にあるアメリカ軍基地のキャンプ・フォスター内で行われました。コミコンで忘れていけないのが、コスプレ!!コミコン沖縄では、うちなーんちゅはもちろんアメリカ人も本気のコスプレを見せてくれます。

そして驚く事に県外から参加する方もいました。可愛い小さなお子様から、ちょっとビックリしてしまうようなコスプレそしてセクシーなコスプレまで幅広い年齢の方が楽しんでいました。スパイダーマンが10人くらいいたのは気のせいかもしれません(笑)

ガンダム

まず始めに大きなプラモデルの展示品。ガンダム、宇宙戦艦ヤマトなどアメリカ人の出展者でしたが、日本のアニメやキャラクターは本当に人気があるなと思いました。コスプレも、「NARUTO」「ドラゴンボール」「バットマン」「スパイダーマン」などコスプレのキャラクター率も日本とアメリカ半々くらいで、アメリカでできた文化のコミコンに日本がしっかりくい込んでいるのを感じました。私も来年はコスプレしようかな?(笑)と思いました。

サイン会を見てみた!

サイン会

内藤真代さんという方で、某スマホゲームの会社にデザイナーをしながら副業としてコミック翻訳家、ライター、イラストレーターとしても活動されている方です。代表作は「シャザム!:魔法の守護者」、「ゴッサムアカデミー」、「アクアマン」などヒーローコミックを中心に創作を続けているとのお話を聞きました。私は正直ピンときませんでしたが、アメリカの子供達が「シャザム!!」と大きな声を出してサインを貰い喜んでいる姿を見て、この内藤真代さんの人気が伝わりました。

外には小さな子供が遊べるアスレチック!

アスレチックのスケールもアメリカ級で、大人でさえも見ているだけでワクワクさせられます。設置されているアトラクションのほとんどが日本のお祭りでは見かけないものばかりですので、子ども達のテンションも最高潮に。ちゃんと順番を守りながら、日本人やアメリカ人などの人種に関係なくみんな笑顔で仲良く遊んでいました。

見てるだけでも楽しさが伝わるくらいなので、お子様がいる方にはぜひオススメ致します。最初は恐る恐るアトラクションへ近づく子ども達ですが、ボランティアスタッフが親切な対応してくれるので安心です。

フード

みなさんも気になる所じゃないでしょうか?左から、ホットドッグ、ハンバーガー、ピザとスーパージャンクフード祭りです。流石カロリーなんか気にしない文化はいいです。最高です。

メニュー

このメニューはハンバーガー屋さんのメニューです。驚く事に、バーガーを頼むと小さなスナック菓子が付いてくるんです。日本人には多分、ハンバーガー食べた後にスナック菓子食べる発想はありません。文化の違いが沖縄にいながら体感できる、普通なら海外に旅行に行かないとできません。なので沖縄にいるなら基地内のイベントに行きましょう!行かないのは絶対にもったいないです。

コミコン会場

フードコートの向こうに見える白い建物がコミコン会場で、外にあるスペースで食事ができます。この日はとても暑かったですがしっかり日除けのテントがあるのは嬉しいですね。このようなイベントでのお客さんへの気配りは見習う所があるように感じました。

そして約20分くらい並んでピザを買いました。スパイシーなサラミと贅沢に使われたチーズの相性は抜群です。写真を見直すとまた食べたくなったきました(笑)

ピザ

今回はコミコン沖縄2017に行ってみた!でした。どうですか?アメリカ軍基地のイベントに興味が湧いてきていませんか?沖縄にいる人ならもちろん、基地のイベントに合わせて旅行に来られるのも新しい沖縄の楽しみ方のひとつだと思います!!私はもう次の基地内のイベントが待ちどおしいです。