沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄八社と呼ばれる神社をご存じでしょうか?

波上宮

本土に比べると社寺仏閣の少ないように感じる沖縄。琉球王朝時代に琉球政府より特別な扱いを受けた八つの神社が、今現在もあるのをご存じでしょうか?そこを琉球八社、または沖縄八社と呼びます。そして、最近ではパワースポットとしてこの八つの神社を巡るのが人気なのです。今回は、そんな沖縄八社をご紹介したいと思います。

御朱印をご存じでしょうか?お寺や神社などで参拝の「証」として頂ける墨書きで書かれた文字に印が捺されたものです。以前は写経をした時にしか頂けないものでしたが、最近では参拝しただけでも頂けるようになりました。神様や本尊の分身としてありがたい御朱印集めが、沖縄八社でも頂けるのです。行くのなら御朱印集めも一緒にいかがでしょうか?スタンプラリーのような感覚で集める方もいるようですが、それは失礼になるので気を付けましょう。

正しい礼儀作法で感謝の気持ちがあればどなたでも頂く事ができます。そこまで難しく考える必要はありませんので気になる方は神社の方に聞いても大丈夫ですよ。

琉球王朝時代には二つの仏教が主流で、真言宗(しんごんしゅう)と臨済宗(りんざいしゅう)が伝えられました。八社信仰が真言密教の影響を強く受けている事、そして安里八幡宮以外の七社は「熊野権現」が祀られています。

細かい部分は謎が多いとも言われていますが、八社とも八社なりの言い伝えなどがありそういう謎に興味を持ちながら巡るのも面白いと思いませんか?

波上宮(なみのうえぐう)

那覇市若狭にある「波上宮」を紹介したいと思います。海のすぐそばにあり大きな岩の上にあるように見えます。沖縄でも特に有名な神社のひとつで、初詣には多くの参拝客が訪れます。琉球王朝時代にここを聖地、拝所として日々の祈りを捧げたのが始まりと言われています。海の近くにある事から、船出の時は航路の安全を祈り入航の時は航海無事の感謝を祈りました。

そして、王自ら毎年正月にはこちらで参拝していた為、沖縄八社の中でも第一の神社として崇拝されました。健康祈願の紅型のお守りが人気があります。見た目も可愛く、観光のお土産にも喜ばれますよ。

識名宮(しきなぐう)

那覇市繁多川にある「識名宮」を紹介したいと思います。識名霊園の近くにあり、駐車場がなく少し奥の方にあるのでうちなーんちゅでも知らない人が多いです。あまり知られていないパワースポットでもあり、こちらには洞窟と立派なガジュマルの木があります。

昔、その洞窟の中に光を見つけこれを深く信仰し続けていると、不思議な事に色々な願い事が叶ったと言われています。それが現在もパワースポットとしてお祈りされています。ガジュマルの木からは神秘的で生命の力を感じる事ができます。沖縄では珍しい「鬼瓦」が使用されていて、本殿の上の方にあるので探してみて下さいね。琉球王朝時代から病気回復のお祈りをされている神社となっています。

天久宮(あめくぐう)

那覇市泊にある「天久宮」を紹介したいと思います。泊高校の近くにあり立派な赤い鳥居が目印です。七福神のひとり弁財天様があらわれたのが始まりという天女伝説が由来の神社となっています。琉球王朝時代には国家安全を祈ったと言われていて、こちらは御嶽(お祈りする所)が三カ所あり神社としては多くて珍しいです。それに全体図を見ると三段構造になっていて、最初の鳥居が実は三階になっている事が後からわかる少し不思議な作りになっています。

沖縄の御嶽=パワースポットのような場所なのでルールとマナーには気を付けましょう。

末吉宮(すえよしぐう)

那覇市首里末吉町にある「末吉宮」を紹介したいと思います。末吉公園内にある神社で、修行の始まりなのかな?と思わせる長い階段を登る事になります。赤瓦の建物が見えるのでそこを目指して進んで下さい。戦前には国宝として指定されていましたが、激しい戦争で焼失してしまい現在の末吉宮は新しく建て直された事になります。琉球王朝時代には国家守護、国泰民安、五穀豊穣の神としてお祈りされていました。最近では技芸、学業成績の祈願される事が多いそうです。

普天満宮(ふてんまぐう)

宜野湾市普天間にある「普天満宮」を紹介したいと思います。普天間高校や米軍普天間基地の近くにあります。地元では普天間神宮と呼ばれていて、中部地区で最も参拝客が訪れるスポットです。普天間宮の奥には鍾乳洞があり、神秘的な空気が流れているのを感じることができます。そしてこちらには、仙人と女神の伝説がありそこから玉の輿、子宝など女性への御利益が強いパワースポットとして人気があります。女性社長の商売繁盛などの御祈願が多いそうです。

あまり知られていませんが、戦後しばらく米軍の所有物になっていましたが再建されて今に至ります。

沖宮(おきのぐう)

那覇市の奥武山運動公園内にある「沖宮」を紹介したいと思います。珍しく、白い鳥居がありその両脇の白い狛犬が目印となっています。こちらには不思議な話があり、那覇港から光るものを見つけそれを探すとただの枯れ木だったそうで、その枯れ木が不思議な力を持つ事がわかりそれを「霊木」として祀ったのが始まりと言われています。

琉球王朝時代には、航海前に航海安全と商売繁盛を祈りました。現在は金運のパワースポットとして人気があり七福神の弁財天が祀られいています。そして初詣には多くの参拝客が訪れます。年末年始にはイルミネーションもある珍しい神社です。

安里八幡宮(あさとはちまんぐう)

那覇市安里にある「安里八幡宮」を紹介したいと思います。那覇新都心からすこし外れた所にあります。沖縄八社の中で唯一、熊野権現が祀られていない神社となっています。こちらでは八幡神(やはたのかみ)の応神天皇、神功皇后、玉依姫の八幡三神が祀られている沖縄では珍しい神社です。琉球王朝時代に鹿児島の喜界島を琉球が支配して、その縁起をたたえて建てられたのが安里八幡宮だという言い伝えがあります。パワースポットとしては、延命長寿、必勝祈願、事業繁栄などのご利益があります。弓矢の神様が祀られている事から、ここ1番の大勝負をこれからするという参拝客が多いそうです。

金武宮(きんぐう)

金武町金武にある「金武宮」を紹介したいと思います。こちらには金武鍾乳洞があり、深さ約20メートル全長約280メートルほどあります。昔、洞窟の中に大蛇が棲み付いてしまい村の住民に迷惑がられ生活を苦しめる存在だと聞いた日秀上人(にしゅうしょうにん)という人が、この大蛇を退治して神社を作ったと言われています。こちらも珍しく鍾乳洞自体(全体)が神とされている神社となっていて沖縄ではあまりみかけない千手観音像が祀られています。パワースポットしては出世、商売繁盛、金運などのご利益があります。

鍾乳洞の地理を活かして泡盛の保存場所として利用されているのも有名なので、お酒好きには違う意味で聖地なようです(笑)鍾乳洞に入るにはチケットの購入が必要になります。大人400円、小人200円そして沖縄八社で唯一、御朱印の無い所となっています。

今回は沖縄八社と呼ばれる神社をご紹介させて頂きました。天満宮や金武宮には神社としては珍しい鍾乳洞があるので足を運ぶ際には、滑らないような靴で行かれる事をおすすめします。歩きにくい靴だと入場を遠慮されてしまう場合があるので注意が必要ですね。

琉球王朝時代から今現在まで沖縄の人に寄り添い、時には守ってくれる大切な存在となっています。沖縄の神社にも深い歴史がありますね。