沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄旅行中に台風に遭遇したらすべきこと

波

沖縄に旅行する計画を立てるときに天気のことは心配ですよね。沖縄に行くことはできたものの、天気は大荒れで何もできなかった…なんてことも。沖縄で災害に遭遇したらどうしたらいいのでしょうか。

南に位置する沖縄には強い勢力を保持したままの台風が直撃するのはよくあることです。沖縄の人たちは台風に慣れていてちゃっちゃと準備を進めます。スーパーに買い物に行って非常食などを買いだめしますから、台風が来る前のスーパーは品薄になります。

台風が来れば飛行機も船ももちろん欠航しますから物資の輸送も止まりますのでそこも見越して生鮮食品やパンなども各家庭で買いだめするのです。

そして最後にDVDを借りに行かなくちゃ!となります。なぜか?沖縄に来る台風は一度通り過ぎてもまた帰ってきたり、長いこと居座ったりすることがあるからです。長時間家に缶詰め状態でも大丈夫なように準備をしているのです。台風前にはレンタルショップの前に車が列をなすのも当たり前の光景なのだそう。

慣れている沖縄県民の皆さんとは違って、旅先で台風に遭遇してしまったらどうしたらいいのでしょうか。

帰りの便を早める

まずできることなら帰りの便を早めることを検討します。すぐに航空会社に連絡を取って確認しましょう。

飛行機の整理券を確保

帰りの飛行機の整理券の確保です。飛行機の欠航が決まると空席待ちの受付が始まります。空席待ちの手続き順に飛行機に乗ることができます。飛行機の欠航が決まり、空席待ちの手続きを終えたらホテルに戻って運航開始を待ちます。その間は逐一飛行機の運行状況をチェックしておきます。

台風が去り、運航が開始されたらすぐ空港へ向かいましょう。台風が去り、飛行機が飛び始めたら空港から離れてはいけません。空席待ちの順番が回ってきた時にその場にいないとまた最初から手続きのやり直しになります。

ホテルの手配とレンタカー会社へ連絡

手を尽くしたけれど帰りの便を変更することができなかったなら次はホテルの確保です。台風が来る場合、その時宿泊しているホテルに延泊が可能かどうかすぐに確認します。特に那覇市内のホテルはすぐに満室になります。スrパイ

レンタカーを借りているのなら延長できるかどうか確認します。手を尽くしても見つからなかった場合は以下へ尋ねてみましょう。

  • 那覇空港観光案内所:098-857-6884
  • 沖縄県ホテル旅館生活衛生同業組合:098-861-4166
 

離島旅行は早めに切り上げる

離島に行く予定があるのなら早めに切り上げるか、離島に行かないプランに変更した方が無難です。なぜなら離島の方がホテルの数が少ないうえ、台風の影響が大きく、連絡船の大混雑は必至です。さらに台風が通過した後でも暴風域の中にあれば長時間離島に足止めされてしまうこともあるのです。沖縄に来る台風を本州に来るものと同等に考えていてはいけません。

飲食物の確保

台風が来たら絶対にホテルから一歩も外に出てはいけません。非常に危険だからです。木が折れたり、自動販売機が倒れたり、看板が飛んでくるのは当たり前、おそらく歩くこともままならないでしょう。

大きなホテルに泊まっている場合は問題ないのですが個人経営の民宿や小さなホテルの場合、食べ物や飲み水に困ることがあります。よって事前に食べ物の確保もしておくことが必要です。台風が襲来している間は停電も断水も起こりうるものだと想定し、準備をします。

ホテルの手配がうまくいかなかった場合、すぐにあきらめてはいけません。一度電話をして断られても何度もかけてみましょう。なぜなら台風襲来時はキャンセルと予約が入れ替わり立ちかわり発生しているからです。決まるまでは諦めずに電話をし続けましょう。

それでもだめだった!という場合は観光協会や役場に駆け込むという手があります。非常時には地元住民が協力して受け入れてくれる体制が整えられている場合があるのです。空港に宿泊するという手段もありますがこれは精神的にも肉体的にも非常に疲れますのでお勧めできません。