沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄限定の個性派!飲み物・ジュースのおすすめをご紹介!

飲料

沖縄は熱帯気候で、年間を通していつも暑いのが特徴的です。そんな沖縄だからこそ本州では見かけない個性的な?ローカルな飲み物がたくさんあります。沖縄県民ならド定番のジュースから沖縄県民でも滅多に見かけないようなジュースまでおすすめを紹介します!

沖縄にしか売っていない「さんぴん茶」というお茶は、ジャスミン茶に近いハーブティーのような味がします。自動販売機・スーパー・コンビニ…どこでも売っていて、家庭に必ずあるくらいのド定番のお茶です。

このさんぴん茶、匂いがジャスミン茶のように独特なため好みが分かれますが、1度ハマればさんぴん茶以外に選択肢がなくなるほどの美味しさです。価格も普通の緑茶より安く、沖縄のスーパーには家で水出し出来る茶葉も売っています。

他にも近年血糖値が下がるとして人気急上昇中の「グァバ茶」や、乾燥したショウガが鼻から抜けるような?「月桃茶」、見た目はかき氷のような「ぶくぶく茶」など沖縄には変わり種のお茶がたくさんあります。

ぶくぶく茶

また沖縄は紅茶の種類も豊富ですが、基本的にはどれも甘い味付けがされています。紙パックの紅茶やお茶はスーパーでもコンビニでも、いつもたくさん置いてあり老若男女問わずに沖縄県民に大人気の飲み物です。

その名前からハンバーガー屋でビールが飲めるの?!と思う人もいるかと思いますが、このルートビアもハーブティーのような炭酸ドリンクです。

アメリカ生まれのルートビアは沖縄でしか購入できませんが、その独特の味から好き嫌いがハッキリ分かれます。「甘いサロンパス」なんて表現する人もいますが、さんぴん茶同様、ハマれば虜になること間違いなしのルートビアにしかない味です。

ルートビア

また沖縄には沖縄でしか買えない炭酸ドリンクがたくさんあり「琉球コーラ」もその1つ。

琉球コーラの特徴は炭酸が強くてゴクゴク飲めない普通のコーラに比べて、一気飲み出来てしまうほどの微炭酸。熱帯気候の地域のビールは薄味で飲みやすいのが特徴的ですが、それに似て琉球コーラも薄味です。暑い夏にコーラを一気飲みする爽快感を味わいたい方は、ぜひ琉球コーラを!

年代問わずみんなが大好きな乳酸菌飲料。

沖縄では森永が発売している「ヨーゴ」と沖縄明治が発売している「メイグルト」がド定番の商品です。この「ヨーゴ」と「メイグルト」もコンビニやスーパーには必ず置いてあり、本州よりもずっと多い品数で、沖縄県民みんなが大好きな商品です。

ヨーゴは爽やかな酸味と甘みのバランスが最高で、本州で売っている乳酸菌飲料に比べるとやや薄く感じます。ただその薄味が逆に良さを発揮していて、ゴクゴク飲めてしまうのがヨーゴの良いところ。

メイグルトはヨーゴに比べると砂糖は使っていないのに?甘みが強く、おやつやスイーツなどの甘いものとの相性がバッチリ!

価格は置いてあるお店によって変わりますが、だいたい同じくらいで値引きされるときもそんなに大きな差はありません。女性はハマること間違いなし?な沖縄の乳酸菌飲料はオススメしたい飲み物ナンバーワン!

沖縄の離島には本島でも買えない飲み物がたくさん売られています。その中でも石垣島石垣島では「ゲンキクール」と「マリーブ」が定番で、どちらもサッパリ味です。マリーブのパッケージはレトロな色合いでサメが飛び上がる様子が書かれていて、見た目的にはマリーブの方が人気?

宮古島では「元気の子」と宮古島認定キャラクターの「宮古島まもる君」。石垣島の乳酸菌飲料同様、こちらもサッパリ味で飲みやすくゴクゴクいけます。1人1本買ってきても1日持たない!なんて人もいるほどの飲みやすさで、離島限定の飲み物も気になるところです。

紙パックジュースは本州だと1000mlが基本ですが、沖縄は戦争時の影響で牛乳や乳酸菌飲料などの紙パックジュースは全て1ガロンで売られています。1ガロンは946mlなので、本州よりも量は少なめ。

沖縄には今回紹介した以外にも、沖縄限定の飲み物がたくさん売られています。どれがあなたの中でヒットするかは分からないので、気になる商品があったらぜひ飲んでみてください!