沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

子供の妖精?沖縄のキジムナーってなに?

キジムナー

沖縄にはガジュマルの木に暮らす「キジムナー」という妖怪がいると言い伝えらています。妖怪でありながら人間らしい一面があり、看板などにもキジムナーが描かれていることが多くあります。もしかしたら本当に存在するかもしれないキジムナーを紹介します!

沖縄本島の北部、国頭郡大宜味村の喜如嘉が伝承の発祥の地とされていて、喜如嘉では「ぶながやー」と呼ばれています。沖縄でも地域によって呼び名が異なりますが、県域全体にはキジムナーという呼び方が広く定着しています。

海

また国頭郡今帰仁村の羽地内海ヤガンナ島は、死者を葬る島として一般人の立ち入りがタブー視されています。

ヤガンナ島ではキジムナーをセーマ(精魔)といって、島に立ち入った人間に対し、雄セーマは性器を、雌セーマは乳房をその者の口に突っ込ん云で窒息死させると云われています。。

このように怖いイメージを持つキジムナーでありながら、実際にはこどもの精霊として可愛い一面を垣間見ることも出来るのがキジムナーです。

キジムナーはこどもの妖怪で、いたずらが大好きで好きなものは魚の目玉と云われています。

身体中が真っ赤、髪の毛が真っ赤、赤い顔のこどもなどと云われていますが、キャラクター化されているキジムナーの多くは人間のこどもサイズの身体に髪の毛が赤いことが多いです。

腕は木の枝のように細く、手には木の枝を持っているとされており、地域によっては黒く大きいものとも云われていて、キャラクター化されているキジムナーは比較的可愛くデザインされているので、そのようなイメージを持って間違いはありません。

キジムナー

また人間同様に男女の性別があり、結婚してこどもが生まれると家族そろって現れるなど、妖怪でありながら親しみやすい?一面もあります。魚が大好物で、特にグルクンの頭や目玉が好物とも云われています。

そんなキジムナーは人間と一緒に船に乗り共同で漁を行うと伝えられており、作業を手伝うことでご馳走をおすそ分けしてもらう、夕飯時にはかまどの火を借りに来る、年末年始は一緒に過ごすなど、人間とキジムナーはご近所さん的な関係性だとされています。

キジムナーと一緒に漁をすると船は魚で溢れますが、その魚は全てキジムナーの好物でもある目玉がないと云い伝えられています。

魚

キジムナーは至って友好的であり人間と敵対することはほとんどありませんが、一度恨みを買うと恐ろしい顔を見せてきます。

キジムナーの住処でもある老木をむやみに切り落としたり虐げたりすると、船を転覆させて溺死させたり、赤土を赤飯に見せかけて食べさせたり、家畜を全滅させたりするなど容赦なく人間に襲い掛かってきます。

また赤い髪の毛をしていることから原因不明の怪火はキジムナーとされ、家の屋根から火が上がると死の予兆とされました。

沖縄ではキジムナーが有名な妖精ですが、キジムナー以外にも言い伝えられてきた妖精がいます。

アカガンダー

アカガンダーはキジムナーの親戚ともされており、赤い髪の赤ん坊、赤い服を着ていると云われています。夜に寝ている人の枕をひっくり返して窒息させるという、いたずらでは済まないいたずらが好きなようです。

ザン

沖縄県八重山諸島に伝わる半人半魚の妖怪のことで、ザンの発祥はジュゴンではと云われています。人魚伝説のような感じで、悪いイメージは特にありません。

乳の親(ちーのおや)

乳の親は沖縄本島の北部で主に伝えられている妖怪で、6歳以下で亡くなったこどもたちを養うと云われたり、水中からこどもを引っ張って溺死させるとも云われています。そのため早くに亡くなってしまったこどものために重箱を乳の親にお供えするそうです。

訳あって古木を切らなければいけなかったり、古いものを捨てなければならないこともありますよね。そんなときはキジムナーも理解してくれると思いますが、むやみやたらに自然を傷付けてはいけないという沖縄らしい戒めのこもった妖怪がキジムナーの本当の姿です。

一度恨みを買うといたずらでは済まないいたずらで困らせてくるので、沖縄に移住した際にはぜひキジムナーと良い関係を築きましょう!