沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄のシーサーにはどんな意味があるの?

シーサー

沖縄土産の定番であり、全国的に有名なシーサー。マンションのエントランスや一軒家では門など、入り口となる所でよく目にするシーサー。今回はそんなシーサーの意味についてご紹介にします。

シーサーは「獅子」のことを沖縄の方言で表したものです。シーサーを置くとき、正面から見て口を開けているのが右側、口を閉じているのが左側とされており、口を開けているのがオスで、口を閉じているのがメスになります。

ですが、性別に関してはその逆の仮説もありどちらが本当かははっきりしませんが、口を開けているのがオス説を支持している方が多いようです。

シーサー

屋外に置かれているシーサーの多くは雨風などで汚れ塗装が剥げていたりしますが、その風味も「長い間、家を守ってきた印」として楽しむ方が多いようです。

また基本的には対がセットになって売られていますが、シーサーは家に何匹いても構いません。好きなだけ、好きな場所に置くのが良いとされています。

昔、沖縄の八重瀬町で頻繁に火事が起こっていたことが由来とされています。あまりにも火事が頻繁に起こっているので、風水師に相談に行ったところ「玄関に獅子の像を置くと良い」と言われたことから、シーサーを置くようになりました。

シーサー

昔は集落の入り口や山や海の入り口に置かれていましたが、今では家に悪いものが入り込むのを防いでくれたり幸福を呼んでくれるとして、玄関や門柱などに飾られるようになりました。

本来は玄関ではなく、鬼門である北東に向けて置くと良いと云われていますが、それも好きな方向に向けて自分たちの好きなように置くのが良いみたいです。

シーサーを最初に置くようになったのは、沖縄県八重瀬町です。八重瀬町の冨盛には「石彫大獅子(ともりのいしぼりうふじし)という、沖縄県で恐らく最も古いとされているシーサーがあります。

もちろんその頃、火事で悩んでいたのも八重瀬町で、シーサーを置くと良いことがあるという噂は沖縄県全体に広まり、今では家の一部として飾られるようになりました。

シーサー

またシーサーを自分たちで購入し家に飾るのではなく、新築を建てた際などは贈り物として貰うとより良いとされています。

シーサーの値段は安いもので1,000円以内から、職人さんが丹精込めて手作りで造ったものは何十万円もします。自分だけの特別なものが欲しい方はシーサーを1からオリジナルで造ることも出来ますし、カラフルなものからピースサインをしているシーサーまで、様々なシーサーを選ぶことが出来ます。

沖縄

小さなシーサーを車に置いて、大きく立派なものを家の門柱に、なんて楽しみ方?も出来るので、自分のお気に入りのシーサーを見つけましょう。家のベランダにびっしりとシーサーを並べているお家もありますが、夜の暗闇の中のシーサーは本物の獅子のようなので、門番としての役割も担ってくれているかも?しれません。

沖縄土産としても定番中の定番であるシーサーですが、その意味や由来を知らない方も多いのではと思います。今でも変わらず沖縄県民に愛されどこの家庭にも必ず置いてあるシーサーですが、そこには沖縄県民の願いや祈りが込められていました。

シーサー

沖縄にはこうした祈りや願いを現した像などが多く、本州と離れて暮らしてきた沖縄県民ならではの文化を感じ取ることが出来ます。今ではシーサーは色々な形に変化していて、ハンカチにプリントされていたり、お菓子としてケーキに乗っていたりします。自分の好きな形を取り入れて幸福をシーサーに呼び込んでもらいましょう!