沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄がワーストワンなことってどんなこと?

この記事は2017年6月調べによるものです。

残念ながら沖縄がワーストワンなことはたくさんあります。これから移住してくる方や、観光に来る方も意識付けをすることで沖縄を変えていくことが出来ます。最高の場所である沖縄を守っていくためにも、どんなことがワーストワンなのか見てみましょう!

暑いと食べたくなってしまうアイスクリームですが、年間を通して温暖な沖縄ではアイスクリームはほとんど食べられていません。消費量1位の石川県は年間¥9000ほどをアイスクリームで消費していますが、沖縄県はその半分の¥5000ほどです。

なぜ沖縄県民がアイスクリームを食べないかと云うと「喉が乾くから。」まあとにかく暑い沖縄では水分補給は必須ですが、濃い味のアイスクリームは食べ終わった後にとにかく喉が乾きます。そして水を飲みたくなるものですが「だったら最初から水を飲めばいい!」という訳です。

ソフトクリーム

そんな沖縄県には「ぜんざい」という食べ物があり、一般的には温かい食べ物であるぜんざいですが、沖縄のぜんざいはかき氷の上にぜんざいをかけて食べる冷たい食べ物です。アイスクリームよりもかき氷を好む傾向にあるので、意外ですがアイスクリームはワーストワンの1つにランクインしています。

沖縄は焼肉屋さんが日本で1番少ないです。理由は焼肉よりステーキの方が馴染み深く、また焼肉はBBQでやるものという意識があるからです。

焼肉

本州の流行りと共にホルモン屋なども増えましたが、それでもやはり肉屋のBBQセットを購入してビーチや庭先でBBQをする方が好まれます。お酒が大好きな人も多く、焼肉しながらお酒を飲むよりも、スーパーなどで大量買いをしてBBQした方が安く済むのもBBQが好まれる理由です。

出生率・デキ婚率・離婚率・DV率がナンバーワンの沖縄ですが、夫婦の数はワーストワンなのも沖縄です。離婚率がナンバーワンという事を考えれば必然的な結果なのかもしれませんが、出生率とデキ婚率を見るとシングルマザー・シングルファザーがいかに多いかも分かります。

結婚

また最低賃金もワーストワンで、子供の貧困率もワーストワンです。何だか考えさせられる内容ですが、のんびりしていることは=だらしないということになり、仕事に対する意識が変わらない限りはこの数字も平行線のまま。県外に出た若い人たちが沖縄へ帰ってきて、沖縄を良くしようとする活動も数多く見られますが、道は困難を極めているようです。

全国1位と¥17000もの開きがある、年間の化粧品購入代金。一言で言うなら「暑くて化粧なんかしてられません。」夏は気温も湿度もガンガン上がり、まるでサウナにいるような状態です。そんな時にメイクして出掛ければ、汗でドロドロ、メイクを直すのも嫌になるほどです。

化粧

また日差しが強く日焼け止めを塗る方も多いですが「何をしても意味なし」と諦める人が多いほど、沖縄の日差しは強いのです。そこで日焼け止めよりも効果があるのが、肌を露出しないことや日傘、車の窓にスモークを張ったりカーテンをしたりと、とにかく太陽をシャットアウトすること。

沖縄の女性たちはスッピンの方が多いように感じますが、キレイな人が多いからそれでもいいのかも?

これは意外に感じる結果ですが、「生活・家族」 「動労・企業」 「安全・安心」 「医療・健康」など様々なな要因によってこの結果となっています。沖縄という土地を好きになって移住してくる人たちにとっては残念な数字ですが、地元沖縄の人にも幸せを感じてもらうために出来ることは何でしょうか?

悲しい結果も多い今回のワーストランキングですが、移住者や観光客だからこそ出来ることもたくさんあるので、現実を見て沖縄をより良い場所に変えていきましょう!