沖縄情報局

沖縄の観光・移住・生活情報をお届け

沖縄の食文化!よく使う食材はなに?

沖縄の食材

沖縄にはご当地料理がたくさんあり、家庭料理でもよく食べる機会があります。なので、スーパーで並んでいる食材も本州とは一味違います。沖縄でよく使われる食材ってなに?どんな料理がポピュラーなの?など、今回は沖縄の食文化についてご紹介致します。

沖縄県のスーパーではシーチキン缶が箱で売られています。特売などで安い日にはチラシに1番大きくシーチキン缶が載っていて、本当にどんな料理にでもシーチキン缶を使います。チャンプルー、おにぎり、素麵に入れる具として、などなど用途は多彩です。

というのも、沖縄県は日本で3番目にマグロが捕れるのです。本州に住んでいると箱で買うことはよっぽどシーチキンが好きな人くらいですが、沖縄では家庭料理の中でも「万能」な食材として重宝されています。

基本的に具材が変わるだけでベースは「チャンプルー」がポピュラーな家庭料理です。チャンプルーは塩コショウや醤油、だしの素で味付けるのが基本ですが、作る人や家庭によって味付けも様々です。

沖縄には青パパイヤという食材があり、皆さんの知っているパパイヤのように甘いものではなく、野菜として使われる食材です。そんな青パパイヤとにんじんを合わせて作る「パパイヤチャンプルー」沖縄にしかない大きな麩「フ―」を入れる「フーチャンプルー」素麺を茹でて入れる「ソーミンチャンプルー」などなど、数えたらキリがないくらいチャンプルーには種類があります。

ゴーヤーチャンプルー

そしてスーパーにはチャンプルー用の細切りにされた青パパイヤや、にんじん、ゴーヤが売っています。豚肉もチャンプルー用のお肉が売られています。今日のメニューは何にしよう…と悩んだら、冷蔵庫の中の食材でチャンプルーにしてしまえば、家計の助けになるかもしれませんね!

沖縄はラーメンより、うどんより、パスタよりも、何よりも沖縄そば推しです。スーパーにも沖縄そばのコーナーがあり、つゆだけを買うことが出来たりそばだけ買うことが出来たりします。そして、うどんや蕎麦と何も変わらないスペースで販売されています。

沖縄そば

定食屋には必ず沖縄そばが置いてありますし、ラーメン屋よりも沖縄そば屋を見る機会の方が多いです。沖縄そばの具材も様々なものがあり、豚のスペアリブを煮込んだ「ソーキ」が沖縄そばに入っていると「ソーキそば」になります。

沖縄そばのスープは豚骨・醤油・魚介とラーメンと変わらない種類があり、麺は中太の縮れ麺です。ボリューミーで誰のお腹も満たしてくれる沖縄そばは、沖縄県民とは切っても切り離せないほどの仲です。

沖縄では夏になるとよくBBQをします。ビーチだったり家の庭だったりキャンプ場だったりと、とにかくBBQが大好きで街のお肉屋さんでは「BBQセット」が販売されています。宴会大好きな沖縄県民にBBQはぴったりで、お肉に野菜にビールに泡盛とこれ以上ないご飯の時間を過ごせるのがBBQです。

BBQ

友人やご近所さん同士、先輩や上司などと交流の場を持てることもあり「ビーチパーティー」と呼ばれるビーチBBQはこれからの季節、沖縄の浜辺ではよく見かけるようになります。誘われたら参加してみるのがおすすめ!太陽の下で食べるお肉は最高の味です!

沖縄に移住するともちろん沖縄のスーパーで買い物をするので、買うものや作るものもだんだん沖縄らしくなってきます。作り方は近所のおばあに聞けば教えてもらえるので、遠慮せず、興味のあるものを聞いて体の中から沖縄を取り入れてみましょう!

沖縄の魚

お魚一つとっても沖縄らしい面白いことがたくさんあるので、次の機会にご紹介致します。